金沢駅ナカのショッピングゾーン「あんと」がリニューアルオープン、風土金澤かわには新商品スイートポテト発売

あんとオープン金沢駅ナカのおみやげと飲食のショッピングゾーンがリニューアルオープンした。これまで百番街という名称だったが、百番街「あんと」に変わる。「あんと」は金沢弁の「ありがとう(あんやと)」という意味。また「AtoZ」や「ピンからキリまで」と同様に、50音の「あ」から「ん」まですべて揃っているという意味も込められている。7/17のオープニングでは辻口博啓氏プロデュースの洋菓子店などに行列ができるなど多数の来場があったようだ。
来年春に北陸新幹線が開業。東京と金沢がJRで乗り換えなし、2時間半で直通になる。北陸は東京からのお客様の受入準備が急ピッチで進んでいるが、金沢の玄関口の金沢駅の変化はその象徴だ。今回の「あんと」のオープンは地元の期待の高さが伝わる。

あんとフロアマップ

百番街あんとのフロアマップ

風土金澤かわに

「風土金澤かわに」も大きくリニューアルした。もともと風土金澤は地元石川県の志ある農家たちが集ったユニットで、金沢駅内の百番街あんとの店舗は五郎島金時というさつまいも農家「かわに」が中心になって店作りや商品開発をしてきた。

「風土金澤かわに」が大きく変わったのは「スイートポテト」の新発売である。円形のタルト生地にスイートポテトをのせ焼いたお菓子だ。さつまいも農家らしいこだわりが、「焼き芋」をベースにしたスイートポテトだということである。しっかりとした濃厚なさつまいもの味わいが上品に装丁された。ネーミングは「畑のお姫様」。

ショーケースの中にあるスイートポテト

「畑のお姫様」というネーミングのスイートポテトが冷蔵ショーケースに並んでいる。

五郎島金時のスイートポテトをおみやげに

五郎島金時のスイートポテトを金沢のおみやげに使うのもいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/07/anto.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/07/anto.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/07/anto.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。