黒もちとうもろこしが台風11号の風で倒伏しそうになったので一部収穫してみた

黒もちとうもろこし台風11号が兵庫県を横断し日本海に抜けた昨日。四国や関西方面で大きな被害がでたようだ。幸い石川県では比較的被害が少なかったが、それでも台風で交通機関がマヒしたりイベントが中止になったりと大きな影響があった。遠田の裏庭には今年はじめてとうもろこしを10本ばかり植えたのだが、台風の風でかなり倒伏しそうになっていた。とうもろこしがそれなりに実ってきているので自重で倒れそうなのものある。そこで、少し早いかもしれないが倒れそうなとうもろこしから1本収穫した。このとうもろこしは「黒もちとうもろこし」という品種で実ると黒くなる。

黒もちとうもろこしが倒伏しそう

この「黒もちとうもろこし」は今年のマメジンの畑に植えたものと同じ。余った苗を自宅裏の砂地の畑に植えたのだ。畑に植えたのは5月なのでそろそろ収穫時期ではある。

黒もちとうもろこしのタネを販売しているWEBサイトを見ると「低温期にまいた方が根元がしっかりして倒伏に強いが、発芽が揃わず欠株ができやすい。また霜害にも注意。高温期遅まきすると台風で倒伏しやすいので注意する。近くにスイートコーンなどの他品種があり、開花期が同じで花粉がかかると穂に付く実が混じってしまう(キセニア現象)ので特に注意すること。」とある。

食べてみると、もちもちして甘くておいしいとうもろこしであった。そろそろ残りも収穫かな。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/08/kuromochicorn.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/08/kuromochicorn.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/08/kuromochicorn.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。