てんてん野町は10月10日オープン、以前は松村町にあったが今は野町で営業している

てんてん野町は10月10日オープンてんてん野町は10月10日のてんてんの日にオープンしていた。てんてんは以前、松村町で営業していたが野町に移転。民家を改装した佇まいで、玄関に「てんてん・野町」という看板がなければ飲食店だとはわからないかもしれない。営業時間も週末のランチタイムとディナータイムだけなので、行くときは予約をしてからのほうがいい。
てんてんの店主は50歳代女性で、自ら亮子坊と名乗るお坊さんである。料理はすべてベジタリアン仕様、牛乳や卵も使わないのでベーガン対応OKである。調味料も厳選しており砂糖も使わない。マクロビオテック好きな女性からの人気が高く、女子会や中高年のカップルなどの利用が多いようだが、若者にもこんな素敵な料理を食べて欲しいものだ。

てんてんの料理は酢の物にアクセントを置くことが多い。
てんてんの酢物

玄米ご飯をおいしく炊いてあるのがうれしい。肉も魚も使っていないが、「これでベジタリアン料理か」と思わせるくらいのパンチ力もあるのがてんてんの料理の大きな特徴。割とお酒のおつまみとしても合うので、ワインや日本酒を持ち込んで楽しむのもいいだろう。ちなみにお酒の持ち込み歓迎というのがてんてんのスタイル。
玄米ご飯

ある日のてんてんのランチ。盛り付けや器はその時々で違うかもしれない。亮子坊ひとりで運営しているので、気分次第で変わるかも...(笑)
てんてんのランチ

箸置きがたくさんの種類があり選ばせてくれる。
てんてん箸置き

てんてん野町
http://www.tenten-bou7.com/
〒920-8031 金沢市野町3丁目27-19
TEL&FAX 076-287-5874

てんてん野町の地図(https://goo.gl/maps/vCbpO

てんてん野町の地図
クリックするとてんてん野町の地図を拡大します

駐車場は店の前に3台、少し離れた第二駐車場に4台と合計7台。来店するさいには予約を入れたほうがいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/11/nomacitenten.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/11/nomacitenten.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/11/nomacitenten.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。