12月の雨の日に届いた大滝詠一のベストアルバムはシングル版曲を集めたような珠玉の3枚組、大滝詠一のクルーナー唱法が堪能できる

bestalways 大滝詠一大滝詠一のベストアルバム「BestAlways」が12月3日の発売に手に入った。大滝詠一は昨年暮れに突然の訃報であの世に行ってしまった。自分にとってはもう40年前の十代の頃に非常に刺激を受けた音楽人。趣味趣味音楽的なお遊びのココロも大好きだったが、なによりあのクルーナー唱法の甘い鼻歌のような大滝詠一の歌声が大好きだった。
届いたCDは初回限定盤の3枚組(本来は2枚組だが、初回限定盤のみカラオケ用のCDが一枚ついている)。このベストアルバムはすごくいい。これまでの大滝詠一のシングルカットされたような代表作を中心にセレクトされている。君は天然色、恋するカレン、オリーブの午后、ナイアガラ・ムーン、12月の雨の日、ブルーバレンタインデイなど懐かしくていい曲が満載。

bestalwaysDISC1

有名曲や特徴的な曲ばかり集めた大滝詠一のベストアルバムがこの「BestAlways」。ほとんどが発表済みの曲ばかりだが、このアルバムにしか入っていない貴重な曲がある。それはDISC1の最後に入っている大滝詠一本人が歌った「夢で逢えたら」である。これはすごくいい。
「夢で逢えたら」は吉田美奈子が歌ってヒットした曲で、その後もラッツアンドスターや薬師丸ひろ子など多数の歌手にカバーされている超有名曲。だが、これまで大滝詠一本人が歌った音源が世に出ていなかった。ベストアルバムが出るならぜひ入れて欲しいと思っていた大滝詠一本人が歌う「夢で逢えたら」が入っているこのCDは絶対におすすめ。ナイアガラファンなら感涙もの、間違いなし。

大滝詠一のクルーナー唱法が堪能できる

クルーナー唱法とは、ささやくように滑らかに歌う歌い方。男性ならテナーよりバリトンで、少し低めの声でぶつぶつとしゃべるような歌い方、というようにいわれている。本来は「クルーニング唱法」というのかもしれない。クルーニングの綴りは「crooning」で、日本語に直訳すると「鼻歌」。大きな声を張り上げて歌うのではないため路上ライブなどにはむかない。マイクとアンプ利用を前提とした歌い方である。

大滝詠一のクルーナー唱法は、まさに美しい鼻歌だ。少し鼻にかかった甘いバリトンの声が滑らかに旋律をなぞるのがたまらない魅力である。

この「BestAlways」には、大滝詠一のクルーナー唱法が堪能できる名曲が多数収録されている。なんといっても出色なのは「夢で逢えたら」である。他には「ブルーバレンタインデイ」、「青空のように」、「外はいい天気だよ'78」、「幸せな結末」などがいい。
はっぴいえんど時代の「12月の雨の日」は日本語で歌うロックとして有名な曲だが、この曲でも随所に大滝詠一のクルーナー唱法が楽しめる。鼻歌でロックを歌ったのは大滝詠一が初めてではないだろうか...。

山下達郎の書いた大滝詠一のライナーがいい

「BestAlways」には、ナイアガラ関係のミュージシャンのライナーが掲載されている。なかでも山下達郎の書いた内容がよかった。大滝詠一のことを語るには三日三晩はかかるという。しかしそれを話す意欲がわかないという。その理由は...。これはライナーを実際にご覧あれ。

ライナーノーツは、山下達郎、伊藤銀次、佐野元春、杉真理、竹内まりやが書いている。それぞれ味がある内容だった。

大滝詠一「Best Always」収録曲

DISC 1

01. ナイアガラ・ムーン(イン・ザ・プール Mix)
02. 12月の雨の日 / はっぴいえんど(Single Version)
03. 恋の汽車ポッポ(Single Version)
04. 空飛ぶくじら(Single Version)
05. 指切り [from the album『大瀧詠一』]
06. Cider'73'74'75 [from the album『Niagara Moon』]
07. 楽しい夜更し [from the album『Niagara Moon』]
08. 夜明け前の浜辺 [from the album『Niagara Triangle Vol.1』]
09. 幸せにさよなら / ナイアガラ トライアングル 山下達郎 伊藤銀次 大滝詠一(Single Special)
10. ニコニコ笑って [from the album『Go! Go! Niagara』]
11. Cider '77(60秒) [from the album『Niagara CM Special Vol.1』]
12. The Very Thought Of You / シリアポール [from the album『夢で逢えたら』]
13. 青空のように(Single Version)
14. 真夏の昼の夢('81 Mix) [from the album『Niagara Calendar '78』]
15. ブルー・ヴァレンタイン・デイ(Single Version)
16. 外はいい天気だよ '78 [from the album『Debut』]
17. 烏賊酢是!此乃鯉 [from the album『Let's Ondo Again』]
18. 夢で逢えたら

DISC 2

01. 君は天然色(Single Version)
02. 恋するカレン(Single Version)
03. A面で恋をして / ナイアガラ トライアングル 佐野元春 杉真理 大滝詠一(Single Version)
04. さらばシベリア鉄道(Single Version)
05. オリーブの午后 [from the album『Niagara Triangle Vol.2』]
06. ハートじかけのオレンジ(Single Version)
07. ROCK'N'ROLL 退屈男 / 大滝詠一 with Jack Tones(Single Only)
08. CM Special Vol.2 [from the album『Niagara CM Special Vol.2』](Complete Version)
09. Cider '83(60秒)
10. ペパーミント・ブルー [from the album『EACH TIME』]
11. バチェラー・ガール(Single Version)
12. フィヨルドの少女(Single Version)
13. 夏のリビエラ [from the album『Snow Time』]
14. 幸せな結末
15. Happy Endで始めよう
16. 恋するふたり
17. 恋のひとこと~Something Stupid~ / 竹内まりや Duet with 大滝詠一

DISC 3(カラオケ)※初回限定盤のみ

01. ナイアガラ・ムーン
02. 幸せにさよなら
03. 夢で逢えたら
04. ROCK'N'ROLL 退屈男
05. CM Special Vol.2
06. Cider '83
07. 夏のリビエラ
08. 幸せな結末
09. Happy Endで始めよう
10. 恋するふたり

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/12/BestAlways.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/12/BestAlways.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/12/BestAlways.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。