東京神田のかんだやぶそばは今日の行列も長かったが、火事焼失後に再建し営業再開したやぶ本店で蕎麦を堪能できた


毎日大行列のかんだやぶそば東京神田のかんだやぶそばでせいろうを食べた。東京都神田にある明治13年(1880年)創業の老舗そば屋としてあまりにも有名だが、入店したのは初めてだ。蕎麦好きなら「薮」という名にはなにかしら特別な思いを持つ。かんだやぶそばは、やぶそばの本店としての顔と藪系の蕎麦の総本山的な意味合いを持っている。2013年2月に火事で全焼した際はとても残念な気持ちになった。
そのかんだやぶそばが、今年2014年10月に新築し営業再開。全国放送のニュースにもなった。全国の蕎麦ファンも総本山の復活はうれしかったはずだ。さすがに今年は大人気でブレイク中、毎日大行列となっているようだ。平日午後2時半という行列が少なくなっているはずの時間帯に来ても、30名以上が並んでいた。この列について待つこと小一時間、念願のかんだやぶそばに入ることができた。

そばずしはなかなかいけるそばずしは東京神田のかんだやぶそばの逸品だ。

かんだやぶそばせいろう

かんだやぶそばの「せいろう」。塩を付けてほしいと頼むと、ちゃんとつけてくれた。蕎麦は国内産の蕎麦を使った外一の九割蕎麦。細打ちながらしっかりと香りもコシもある。さすがだ。

かんだやぶそばは接客がすばらしく、隣の席に座った老夫婦への対応にも感心した。

かんだやぶそば外観

かんだやぶそば
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目10
電話03-3251-0287
11時30分~19時30分の通し営業
定休日は水曜日

なお東京の藪そばで行ったことがあるのは以下のとおり

上野藪そば

並木藪蕎麦

池の端藪蕎麦

かんだやぶそば

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/12/kandayabusoba.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/12/kandayabusoba.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/12/kandayabusoba.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。