スマホでフェイスブックを最も使っているのは60歳代でなんと6割以上というニールセンの調査結果が出た

SNS利用 ニールセンの調査結果フェイスブックは中高年に最適なSNSであることが証明された。これはニールセンが1月27日に発表したSNS利用動向を見たときの最初の感想である。
まず、2014年はスマホの躍進が顕著になったことがわかる。昨年3月にスマホ利用者のほうがPC利用者より増加し、その後はその差が広がっている。今やスマホ利用者の92%がなんらかのSNSを使っているという。こうなるとスマホの所有目的は、電話(通話)よりもSNSのほうが主目的になりつつあるのかもしれない。
そして、利用しているSNSの種類も年代ごとに趣向が大きく違っていることがわかった。

ニールセンの調査結果

総じて、若い層ほどSNS利用が顕著なことがわかる。LINEはとくにその傾向が強く、20代以下、30代、40代では1位になっている。
しかし、昨年の動向として特徴的なのは50代と60代ではないだろうか。利用SNSが50代と60代ではFacebook(フェイスブック)が1位になっている。しかも60代ではダントツの1位がフェイスブックで、なんと6割以上が利用しているのである。世代別の利用SNSの比率(利用率)という見方では「スマホでフェイスブックを最も使っているのは60歳代」といえるデータである。また、Google+の利用がもっとも多いのは50代だし、50歳代以上のSNS活用が顕著になったのが2014年ではないだろうか。

このSNS調査はニールセンのWEBサイトで公開されている。上記のグラフもhttp://www.netratings.co.jp/news_release/2015/01/Newsrelease20150127.htmlからの引用である。詳しくは原典のページを参照ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/newsrelease20150127.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/newsrelease20150127.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/01/newsrelease20150127.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。