玄米菜食明制(野町てんてん)でいただくベジタリアン仕様の食事をいただくとお腹も心もほっとする

てんてんでお食事今年二度目の「玄米菜食明制(通称は野町てんてん)」での食事。提供してくれる料理内容は、肉や魚を一切使わないベジタリアン仕様である。乳製品や卵も使わないのでベーガン仕様といってもいいだろう。
一般的にベーガン仕様の食事というのは、味気なくておいしくないと感じる方が多い。普段から肉や魚を普通に食べているノンベジ(ベジタリアンではない人のこと)ならとくにそう感じるのだろう。しかし、玄米菜食明制てんてんのお料理はけっこうガツンとした味わいとインパクトがあり、ノンベジの方と一緒に食事をした場合でも満足度が高いのが特長である。

蒸し物の上にはハート型に切り抜いた人参がのっかっていた。卵は使わずお豆腐が使われている。
蒸し物

にんじんの蒸し焼きは驚くほど甘い。野菜のうまみがぎゅっと詰まっている。
にんじんの蒸し焼き

お肉のように見えるのは大豆加工品でこれもすべてベジ料理。カレー風味でノンベジの方にも人気のスパイシーな味わい。
お肉のように見えるのは大豆加工品

初めてガレットを作ってくれた。そば粉と豆乳を使った生地は少し厚めにもっちりと焼いてあった。
豆乳入りガレット

ワインや焼酎など、好きなお酒を持ち込んでもOK。持ち込み料300円というのも良心的。 ワインや焼酎たち

この日は、シャンパンで乾杯してからパイナップルの白ワインをいただき、その後に赤ワインをいただいた。森伊蔵という入手困難な焼酎もあったがこの日は手をつけなかった。

てんてんで食事をするといつも思うのは、おいしいベジ料理で、お腹も心もほっとすること。ありがとう。ごちそうさまでした。すべての恵みに感謝。

てんてん野町
てんてん野町(明制)
〒920-8031 金沢市野町3丁目27-19
TEL&FAX 076-287-5874
てんてん野町の地図(https://goo.gl/maps/ZfeCU

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。