玄米菜食明制(野町てんてん)でいただくベジタリアン仕様の食事をいただくとお腹も心もほっとする

てんてんでお食事今年二度目の「玄米菜食明制(通称は野町てんてん)」での食事。提供してくれる料理内容は、肉や魚を一切使わないベジタリアン仕様である。乳製品や卵も使わないのでベーガン仕様といってもいいだろう。
一般的にベーガン仕様の食事というのは、味気なくておいしくないと感じる方が多い。普段から肉や魚を普通に食べているノンベジ(ベジタリアンではない人のこと)ならとくにそう感じるのだろう。しかし、玄米菜食明制てんてんのお料理はけっこうガツンとした味わいとインパクトがあり、ノンベジの方と一緒に食事をした場合でも満足度が高いのが特長である。

蒸し物の上にはハート型に切り抜いた人参がのっかっていた。卵は使わずお豆腐が使われている。
蒸し物

にんじんの蒸し焼きは驚くほど甘い。野菜のうまみがぎゅっと詰まっている。
にんじんの蒸し焼き

お肉のように見えるのは大豆加工品でこれもすべてベジ料理。カレー風味でノンベジの方にも人気のスパイシーな味わい。
お肉のように見えるのは大豆加工品

初めてガレットを作ってくれた。そば粉と豆乳を使った生地は少し厚めにもっちりと焼いてあった。
豆乳入りガレット

ワインや焼酎など、好きなお酒を持ち込んでもOK。持ち込み料300円というのも良心的。 ワインや焼酎たち

この日は、シャンパンで乾杯してからパイナップルの白ワインをいただき、その後に赤ワインをいただいた。森伊蔵という入手困難な焼酎もあったがこの日は手をつけなかった。

てんてんで食事をするといつも思うのは、おいしいベジ料理で、お腹も心もほっとすること。ありがとう。ごちそうさまでした。すべての恵みに感謝。

てんてん野町
てんてん野町(明制)
〒920-8031 金沢市野町3丁目27-19
TEL&FAX 076-287-5874
てんてん野町の地図(https://goo.gl/maps/ZfeCU


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/01/post-1945.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。