WEBサイトの巡回記録をするソフトはダイヤルアップ接続時代の産物なのか?バックアップ機能がないWEBサイトを保存記録するという現代のニーズにあった巡回ソフトを探す

webautoWEBサイトの巡回記録をするソフトには「ウエブオート」という優れたシェアウェアソフトがあった。NIFP(ニフピ)とWEBAUTO(ウエブオート)は最強の組合せだった。niftyの電子会議室の最新記事をWEBAUTOで自動巡回し、その後はNIFPで閲覧とコメントを書く作業を行なっていた。DOS時代からウィンドウズ初期の時代(平成10年ころ)まで愛用していた記憶がある。このころの通信はモデムと電話回線を使っていたため、接続料金と電話料金がかかっていた。たしか1分あたり10円くらいかかるのでできるだけ接続時間を短く閲覧したり投稿したりする必要があった。今のような常時接続が当たり前になってしまうと笑い話のような昔話である。

ウエブオートの画面

webautoの画面

ウエブオートは巡回ソフトとして優秀だったので、NIFTYの会議室巡回以外でも使用していた。要チェックのWEBサイトを巡回記録して通信を切断、通信料金がかからない状況でゆっくりと閲覧するという作業にぴったりだった。NIFPもWEBAUTOもヤナソフト「http://yanasoft.jp/」のシェアウェアソフトだ。今でもWEBAUTOはサポートをしてくれている。今でも健在なソフトウェアなのである。

しかし、ベクターを見てもWEB巡回記録するソフトはあまり無い。常時接続の時代なのでこのような巡回記録のニーズはほとんど少数派になってしまったのだろう。

かといって、WEBサイトの巡回記録のニーズがまったく無くなったわけではない。WEBサイトの記録を残す必要がある場合はこのような巡回ソフトが必要なのだ。

JIMDOのブログ記事を残す方法として巡回ソフトを活用する

JIMDOは便利なWEBサービスである。ブラウザだけで簡単にページが作られるし、内部ブログもあるので記事数増加もたやすい。とくにWEB制作の経験がなかったり、CMS利用が初めてだったりする人にはおすすめである。

このJIMDOに弱点があるとすれば記事を保存できないことである。CMSとして利用度の高いMovableTypeやWordPressなら書いた記事をエクスポートすることでテキストのデータベースとして保存ができる。またこれらのCMSにはバックアップ機能もあるので写真もまとめて記録ができるので、もしものときにもバックアップがあると安心である、。

JIMDOには記事をバックアップするしくみがないので、追加機能として期待しているところだが、まだその機能の実装はない。もし、バックアップ機能がずっとつかないとしたら、書きためた記事をきちんとバックアップする方法がないのである。また、JIMDOでなくてもバックアップ機能のついたCMS以外ではWEBサイトのデータをきちんとPCにバックアップできていない例も多い。このようなWEBサイトのデータバックアップのニーズは底堅くあるのではないだろうか。

そこで、以下のWEB巡回ソフトを使ってうまく保存ができるかどうかを試してみることにした。

ベクターのWEB自動巡回というカテゴリからいくつかをピックアップしてみた。

GetHTMLW 8.3.0 フリーソフトCOOL!
ホームページをまるごと Get して、オフラインで閲覧 GUI版 (12.09.05公開 441K) 4.5

PageDown 1.92 フリーソフト 《レビュー》
インターネット上のホームページなどをまとめてダウンロードするオートパイロット (00.03.07公開 570K)

WebAuto シェアウェア 《レビュー》
指定したURLを自動的に巡回して、ホームページの内容を保存するWWWオートパイロット (01.11.16公開 )

巡集 1.7.2 フリーソフト
指定されたウェブサイトをオフラインで閲覧できるように保存 (09.09.25公開 124K)

目的に合致するのはこの4つくらいだった。(現状の人気順に表示)

これからテストを始めることにする。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/webautojyunkai.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/01/webautojyunkai.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/01/webautojyunkai.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。