パソコンの重要なデータはクラウドのデータストレージに同期化したうえで、毎日定時に外付けHDDにもバックアップする【BunBackupを活用】

bunbackupデータのバックアップを毎日定時に自動で行うソフトではBunBackupが便利だ。フリーソフトなのに高機能で安定して稼働してくれているのがいい。もちろん、パソコンの重要なデータはクラウドのデータストレージに同期化してバックアップしておくのがいい。ドロップボックスやワンドライブ(マイクロソフト)などを使うのがいいだろう。
遠田は事務所にFAXとwifiでつながったノートパソコンを24時間オンにしている。ドロップボックスで最新FAXをアップし、外出先のノートPCで更新したファイルもドロップボックスで更新する。そのうえで、毎日定時(深夜0時1分)に特定フォルダだけを外付けHDDにもバックアップしている。ドロップボックスのフォルダは容量上限が気になるので、不要になったファイルを削除したり移動したりすることがある。定時バックアップの時間に存在したファイルは外付けHDDに自動バックアップされているのでもしものときでも安心だ。履歴管理としても便利。こうしておくことで二重三重のバックアップになる。

BunBackupの設定画面
bunbackup設定画面

このような多機能で安定的に稼働してくれるソフトをフリーソフトとして提供してくれる作者には感謝したい。

▼BunBackup作者のホームページ
http://nagatsuki.la.coocan.jp/bunbackup/

なお、本日はテルメ金沢で「IT活用で業務効率化」というテーマで講演させていただいた。クラウド活用を中心に紹介させていただいたが、講演後にバックアップについての質問があったのでここで紹介させていただいた。

テルメ金沢の1Fホール


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/03/bunbackup.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/03/bunbackup.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/03/bunbackup.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。