農菓PJ見本市は農業者の農作物や一次加工品を和菓子職人に試食してもらうコラボの場になった

加賀丸いも農菓PJで農業者見本市を開催した。お菓子創りコンテストにエントリーした農業者たちが自分たちの農作物や農作物の一次加工品を持ち寄って、和菓子職人たちに見て触れてもらいそして試食して体験したもらうための会である。会場は金沢市粟崎にあるものづくり会館の調理実習室。総勢30名を超える集まりで会場は熱気でムンムンとなった。
農業者からの5分プレゼンでは、農作物や地域に対する熱い思いが伝わってきた。また和菓子職人さんたちからも自店の和菓子が振る舞われ、おいしく楽しく交流ができた。

金沢市ものづくり会館

会場となった金沢市粟崎にあるものづくり会館。18時からの見本市開始直前の外観。まだ少し薄明るい。日が長くなったことを感じさせてくれる。

かわにさんの挨拶で始まった

開始の挨拶は農業者の代表かわにさん。

農作物を見たり試食したりして交流した

調理実習室は人でいっぱいになった。

農産物は約30

出品された農産物は約30あった。

調理実習室の様子

試食の後は農業者のプレゼンタイム

のむら農産の野村さんのプレゼンはよもぎ

農業者のプレゼンタイムは一人5分間。(写真は、のむら農産の野村さんが「よもぎ」のプレゼンをしているところ)

たくさんの和菓子

最後のあいさつは宮向さん

宮向さんの挨拶で締め

宮向さんは楽しい人です。

宮向さん

農菓PJは、新たな和菓子文化創造というミッションを和菓子職人と農業者のコラボによって生み出そうとしている。今後の取組に注目していきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/03/noukapjmihonichi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/03/noukapjmihonichi.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/03/noukapjmihonichi.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。