北陸新幹線の予約はJRおでかけネットのe5489(いーごよやく)のWEB早得1が1割引で座席指定で購入できるので便利

e5489北陸新幹線のチケットをJRおでかけネットのe5489で予約した。3月14日に北陸新幹線が開業し、金沢-東京間は乗り換えなし2時間半で行けるようになり便利になった。WEBでは往復で買うことができなかったので片道づつ別途に予約した。お得なのは「WEB早得1」という切符で、座席指定ができて1割引という特典がある。前日までなら予約できる。
その一方で、デメリットもいくつかでている。往復割引が無くなったり、新幹線に接続するJRが第三セクタになってしまい運賃が値上がりしたり、実質的にはかなり高くなった印象がある。

▼北陸新幹線の片道料金表
北陸新幹線の料金表

▼予約した切符

北陸新幹線を予約

首都圏往復フリーきっぷは「おとなび」なら買える?

北陸新幹線開業でもっとも残念なのは「首都圏往復フリーきっぷ」が無くなってしまったことだ。「首都圏往復フリーきっぷ」は金沢から東京および首都圏への往復割引切符で、首都圏内ではJRに乗り放題という便利な上に安いというスグレモノの切符だった。今は、首都圏往復フリー切符は一般販売はしていない。

しかし、「おとなび」会員だけには販売しているようだ。おとなびには入会資格があり、50歳以上なら入会できる可能性がある。

以下の内容は「http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/01/page_6701.html」からの引用である。

おとなび北陸新幹線

北陸新幹線(金沢と東京)の往復の切符を購入すると通常は28420円だ。それがおとなび会員になれば22000円になる。これはとても大きなメリットだ。単に価格だけでなく、首都圏にいる間、JRが乗り放題というのは都会の地理感に疎い地方人にとってとてもありがたいチケットなのだ。とにかくこれ1枚持っていればSUICAがなくてもOKなのだから。条件に合う人は「おとなび」入会を検討しよう。

なお、北陸新幹線の切符を引き取りできる最寄りの駅を調べてみると意外なことがわかった。
JR七尾線で調べると、宇野気駅では引取可能。これは最寄り駅なのでありがたい。しかし、基幹駅だった津幡駅が一覧になく新幹線の切符引取不可だった。金沢-津幡駅間はJRから第三セクターの「IRいしかわ線」になったため、津幡駅の管理主体はJRではなく「IRいしかわ線」になったのだろうか。津幡駅で新幹線の切符を受け取れないのはちょっと意外だった。

新幹線の切符引取可能駅一覧

北陸新幹線開業で、東京とは近くなった。一方で、地方の交通は不便になっていくものもある。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/04/jre5489web.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/04/jre5489web.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/04/jre5489web.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。