「Ehime_Free_Wi-Fi」は愛媛県の産学官結集により無料のwifiサービスを広く提供している。

愛媛のフリーwifi愛媛県ではフリーのwifi普及に力を入れているようだ。目的は外国人観光客などへのおもてなしや住民サービスなどの利便性向上である。松山市内の主要な観光地(大街道、銀天街、松山市駅、道後温泉)ではほとんど「Ehime_Free_Wi-Fi」というSSIDのwifiが使えた。この写真は松山市内を走る市電の中に貼ってあったステッカーである。「えひめFree Wi-Fiプロジェクト」は産学官の結集で「Ehime_Free_Wi-Fi」を推進している。

▼スマホで無料wifiが使えるようになったときの画面
スマホでログイン

Wifiが使えるエリアでは簡単な操作でログインすると無料のwifiサービスが使えるようになる。上記の画像は松山市駅前の高島屋レストラン街でスマホを操作した時のものである。

▼愛媛県のwifi取り組み

愛媛県の取り組み

wifiは松山市内を走る路面電車の車内でも利用できた。

松山市内を走る路面電車の中でも使えた

全国的にも無料のwifiサービスが拡大

全国的にも無料のwifiスポットが増えているが都道府県が強く関与しているwifiサービスは総務省のWEBサイトで紹介されている。そのエリアマップを見ると愛媛県のこの取り組みの記載はまだなかった。調べてみると愛媛県の「Ehime_Free_Wi-Fi」は昨年(2014年8月)ころから広くサービスエリアを拡大したようなので、まだ一年も経っていない。そのために総務省のWEBサイトへの掲載が遅れているのかもしれない。

全国のwifiサービス
※このエリアマップは総務省のWEBサイトから引用

他県の取り組みをみるとふだんの自分が住んでいる地域のサービスのよしあしと比較してしまう。金沢では無料wifiのサービス拡充を数年前からうたっているが、まだ本格的な普及には至っていない。このようなインフラ提供サービスはスピード感が大事。愛媛県のwifiサービスは民間の力をおおいに活用しているところが成功要因かもれいない。おおいに参考になるよい事例ではないだろうか。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/ehime-free-wi-fiwifi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/ehime-free-wi-fiwifi.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/05/ehime-free-wi-fiwifi.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。