セブン銀行は普通預金の金利が際立って高く、ATM手数料も無料なので日常使いに便利そう

セブン銀行のキャッシュカードセブン銀行のキャッシュカードが届いた。すでにネット銀行はいくつか使っていて、個人的に口座を増やす必要性はなかった。しかし、コンビニのATMで利用することを前提に日常使いの銀行としてあらためて一つキャッシュカードを持ち歩くとするとセブン銀行がなにかと有利である。
そもそもコンビニのセブン-イレブン系列の銀行なので、ATMの使い勝手がよい。ATM手数料は基本無料だ。(入金や残高照会はどの時間帯でも無料で、出金は早朝7:00から夕方19:00まで無料、それ以外の時間帯は手数料108円かかる。)また普通預金金利が他のネット銀行より際立って高いのも特徴である。

ネット銀行の金利一覧(普通預金と定期預金)

NO 銀行名 普通金利 3ヶ月金利 6ヶ月金利 1年金利
1 セブン銀行 0.05% 0.055% 0.055% 0.100%
2 ジャパンネット銀行 0.03% 0.065% 0.090% 0.090%
3 ゆうちょ銀行 0.03% 0.035% 0.035% 0.035%
4 イオン銀行 0.02% 0.030% 0.070% 0.120%
5 ソニー銀行 0.02% 0.040% 0.090% 0.100%
6 楽天銀行 0.02% 0.055% 0.055% 0.100%

※主要なネット銀行の普通預金金利と定期預金金利(3ヶ月、半年、1年)を比較して表にしてみた。(この表は2015年5月現在)

セブン銀行の普通預金金利の0.05%というのは他行に比べると際立って高い。ゆうちょ銀行の1年定期預金の金利0.035%よりも高いし、楽天銀行の半年定期金利0.055%と比較しても遜色ない。

普段使いの銀行なので、あまり定期預金はせず普通預金が中心だし、ATM利用の頻度も高い。となればこの表からもセブン銀行がもっともメリットが多そうである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/sevenbank.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/sevenbank.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/05/sevenbank.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。