Googleの「ウェブマスターツール」が名称変更し「SearchConsole(サーチコンソール)」になった、ウェブマスターだけのものではないというのが変更の理由

webmastertool名称変更Googleが「webmastertool」を名称変更した。新しい名称は「Search Console(サーチコンソール)」である。今のところ管理画面は名称変更くらいで大きな変更はない。ではなぜ名称を変更したのかというと、「ウェブマスターツールの役割はすでにウェブマスターだけのものではなく、WEBに関連する多数の人が使うことから違和感が大きくなった」ということである。
URLは「https://www.google.com/webmasters/tools」のままだが、ログインすると「Search Console(サーチコンソール)」に変わっている。

ウェブマスター向け公式ブログの記事
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/05/announcing-google-search-console-new.htmlより
searchconsole.jpg


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/webmastertoolsearchconsole.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/05/webmastertoolsearchconsole.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/05/webmastertoolsearchconsole.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。