Request For Proposalの頭文字をとって「RFP」という通称になっているのが提案依頼書で、システム開発をITベンダーに依頼するさいに使う

RFPRequest For Proposalの頭文字をとって「RFP」という通称になっているのが提案依頼書である。RFPは企業や団体がシステム開発をITベンダーに依頼するさいに使う書類。RFPの内容は、実現したい戦略やビジネスモデルを明記したうえで、そのれを実現するために必要なシステムの概要や要件がまとめてある。RFPを作成すること自体がかなりの作業量であり、企業内だけではかなりむずかしい。そこでITコーディネータやIT系の中小企業診断士などが支援することが多い。現状分析やビジネスモデル構築およびシステム設計あたりのフェーズまでをITベンダーの力を借りずに作成する。

RFPを作成してITベンダーに提案を依頼して提案と見積をもらうという方法のメリットは、よいものを安く調達できるということである。とくに単なる数社合見積に比べ、格段に提案内容がよくなるのがよい。

システム開発に補助金が入る場合は、「ITベンダー選定」の公正さや妥当性が求められるため、RFPを使う例が多い。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/request-for-proposal.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/request-for-proposal.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/06/request-for-proposal.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。