WEBサイト内の全ページを印刷しなければならないとしたらどのような方法がいいか

多数の枚数をプリントWEBサイト内の全ページを印刷するという、とても多くの枚数のプリントをしなければならなくなるかもしれない。持続化補助金の採択を受けてWEBサイトをリニューアルした場合、リニューアル前とリニューアル後の両方のページを証拠として印刷して提出する必要があるという。あるサイトはCMS構築されているため、リニューアルページ数で計算すると500ページは軽く超える。リニューアル前後の両方をプリントするとなると単純に1000枚の印刷が必要になる。しかも上下に長いWEBページはA4で1枚に印刷がおさまりそうにない。事務手続き上、どのように対応すればいいのだろうか。

持続化補助金を試用してWEBリニューアルするならば...

1000枚の用紙
A4で1000枚の用紙は厚み約10センチ。これだけの枚数を印刷するとなるとたいへんだ。

確認のために持続化補助金の管理をしている商工会・商工会議所の職人さんに本件を確認したところ、やはり全ページの印刷が必要であるとの返事がきた。

あくまでも、 今回補助金を使用してリニューアルするページのみで結構です。
補助金を使用してリニューアルするのが500ページであれば 新旧500ページが必要となります。
昨年、写真撮影1,000カットのような使い方をした方がいらっしゃいましたが、 その際、撮影した全てのカットをご提出いただいております(サムネイルでした が)。
ウェブページもサムネイルのように、 A4一枚に複数ページがプリントアウトできれば、 紙の枚数は減ると思います。

補助金の申請書にページ数を500ページとか全ページとかと明記してあったら、その該当ページ(つまり全ページ)を印刷しなければならないということのようだ。解決方法としては、「サムネール印刷」がよさそうだ。

WEBサイト内の全ページを印刷する方法

まずは、WEBサイト内の全ページを印刷する方法がないか調べてみた。印刷する方法として、一旦ページを画像やPDFにしてまとめて保存し、そのあとに印刷するという方法も含めて可能性を調べてみた。

1.ブラウザで印刷する方法

IE(インターネットエクスプローラー)では、開いているタブをすべて印刷するというコマンドがある。なので、印刷したいページをすべてタブで開き、このコマンドを実行するという方法がある。とくになんらかの専用ソフトやWEBサービスを使わなくてもよいのがメリットである。しかし、500ページとなると、まずパソコンのほうがメモリ不足になってまともに動作しないだろう。

2.アクロバット11proを使う方法

アクロバット11proには、「WEBサイトをPDF化する」というコマンドがあるらしい。この機能を使えば、トップページ以下のすべての階層をページごとにPDF化することができそうだ。実際のこの機能を使った人の事例をみると、150ページで約2時間ほど処理時間がかかったが無事にできたそうである。
ただし、懸念事項も多い。アクロバットの最新版はクラウド版になっており、アクロバット11proはすでに古いバージョンである。アマゾンなどで購入は可能だが約4万円なので、このためだけに購入するのは二の足を踏むところだ。

3.専用ソフトを使う方法

WEBサイト内の全ページを印刷するという機能がある専用ソフトがあれば、そのソフトを使うという手がある。実際にそのようなソフトがないか探してみた。

[CrenaHtml2jpg] サイトキャプチャーツール
http://dip.picolix.jp/disp5.html

IESnapshot(英語サイト)
http://accalio.com/IESnapshot-WYSIWYG-web-capture.254.0.html

上記の2つはそこそこ使えそうな感じがする。(実際にためしたわけではない)
しかし、ダウンロードしてインストールするには少し勇気がいるので躊躇するところである。

4.WEBサービスを使う方法

WEBサイト内の全ページを画像ファイルやPDFファイルにしてダウンロードできるサービスがあれば、その機能を使ってもいい。しかし、いまのところ、これはといったWEBサービスがみつからない。単一のページのスクリーンショットをとってくれるようなサービスはわりと多数あるが、複数ページを一度に自動処理してくれるようなところはない。

1ページ単位でのスクリーンショットなら「wesomeScreenshot」が便利だ。wesomeScreenshot」はGoogleChromeのプラグイン(拡張機能)にすでにインストールされているのでクリックだけで上下に長いページでも画像保存が容易である。ただし、1ページづつしか作業ができないので、500ページの画像保存だけでたいへんな時間がかかりそうだ。

もうしばらく頭を悩ませそうな状況だ。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/webprint.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/webprint.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/06/webprint.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。