ワールズ・エンドの「リトルシスター」と「アゲインスト・ザ・ウインド」を飲み比べ

ワールズ・エンドのワイン2種ワールズ・エンドのワイン2種を開栓して飲み比べをする。写真左が「リトルシスター」、写真右が「アゲインスト・ザ・ウインド」、どちらもアメリカカルフォルニア州ナパバレー産の赤ワインである。ワールズ・エンドは、フランス・ボルドーの有名な醸造家ジョナサン・マルタスが、2008年にアメリカでスタートさせたワイナリーだ。ジョナサン・マルタスがボルドーのサンテミリオンで造った「ル・ドーム」は2009年がパーカーポイント99点、2010年はパーカーポイント100点となり、1本10万円を出しても買えないくらいの人気ワインとなった。同じ醸造家がアメリカで造ったワールズ・エンドというワイナリーの2本のワイン、とっても楽しみである。

ワールズ・エンドのワイン2種

リトルシスターはANAのファーストクラスで採用されており、今もっとも旬な赤ワインだろう。西田酒店のワイン教室でこのリトルシスターを飲んだ時はびっくりした。メルロー主体のまろやかなタンニンが効いており芳醇な味と香りがたまらなくうまかった。

アゲインスト・ザ・ウインドはル・ドームと同じカベルネ・フラン主体で作られており、インターナショナル・ワイン・セラーでは92点を獲得している。これは飲むのがとっても楽しみである。

リトルシスター  アゲインスト・ザ・ウインド

左がリトルシスターの説明で、右がアゲインスト・ザ・ウインドの説明

ワイン会

10名参加の楽しいワイン会だった。

飲んだワインは11種。なかでもワールズ・エンドの赤2本は際立っていた。参加者からもリトルシスターの人気がもっとも高かった。芳醇な香りがたまらない。アゲインストザウインドの方はリトルシスターよりタンニンが効いた感じで「渋み」が強くあたっていた。もう数年寝かせたほうがおいしく飲めそうだ。ただし、香りは抜群によかった。プラムのジャムやバニラの香りに合わさって内側を焦がした古樽の香りが感じられ厚みのある甘い香りには見せられた。また機会があれば飲んでみたいワインである。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/worldsendwine.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/06/worldsendwine.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/06/worldsendwine.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。