Google+の写真はGooglephotoに移行され、7月から「おまかせビジュアル」がなくなり「アシスタント」になっている

GooglephotoGoogle+の仕様変更が始まっている。Googleは写真のクラウドでの保存管理で、Google+とGoogleドライブを連携させていたが、GooglePhotoに移行させていく方針だ。とはいっても利用者としてはあまり気にしなくてよい。これまでもGoogle+で保存していた写真はGoogleドライブの領域を使っていたからである。ただ、この仕様変更でいくつか変化したことがある。写真1点の保存サイズが大きくなって上限容量を消費しなくなったこと。これはありがたい。もうひとつは、Google+では「おまかせビジュアル」という名称で写真を自動加工するサービスがあったが、これがなくなっており、代わりに「アシスタント」というメニューが増えている。

▼Googleフォトのアシスタント画面
googlephotoassistant

▼Google+のおまかせビジュアル
おまかせビジュアル

Google+のおまかせビジュアルは便利な機能だった。たとえば連続した5枚以上の写真を自動的に動画のようなアニメーションGIFにしてくれたり、セピア調の写真に加工してくれたりするサービスだった。最後のおまかせビジュアル画像は6月27日で終了している。また、7月に入ってからの同様の加工は「アシスタント」に記録されていた。

おまかせビジュアルとアシスタントは見る場所が違うので注意が必要だ。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/07/googlegooglephoto7.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/07/googlegooglephoto7.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/07/googlegooglephoto7.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。