スマホや携帯電話は一人あたり1台以上所有する時代になった、日本では一人あたり1.20台を所有

スマホ携帯の世界的な普及日経朝刊で「ネット先進国はどこだ?」という紙面企画があった。なかなか興味ふかいデータが並んでいる。携帯電話やスマートフォンの普及は世界的にもかなり進んでおり、すでに2014年に約70億件の契約があるそうだ。地球規模でみても人類は一人@1台の携帯所有率である。
日本では一人あたり1.20台。小学生以下や老人など、ほぼスマホを使わない世代も考慮すると、すでに2台持ちしている比率がかなりあるということだろう。

急激にスマートフォンの利用が伸びているのはアフリカ。通信環境が整っていて通信速度が早いのはシンガポール。SNSを使う時間が長いのはインドネシア。スマホ利用者の顔ぶれもここ数年で激変しているようだ。

「ネット先進国」はどこだ? SNS、買い物 ... お国柄を探る
 http://vdata.nikkei.com/datadiscovery/03/

※このブログ記事のデータは上記のURLから引用


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/07/hitori1dai.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/07/hitori1dai.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/07/hitori1dai.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。