粟津温泉演舞場で落語を堪能したあとは総湯に浸かり真夏の休日を楽しむ

粟津温泉演舞場で落語8月1日(土)に粟津温泉に行ってきた。目的は粟津演舞場で柳家喬太郎の落語を聞くためである。柳家喬太郎といえば今もっともチケットがとれないことで大人気の落語家である。石川県内に来ることはあまりない上、テレビでの露出も少ないので、地元民には柳家喬太郎の人気ぶりがわかりにくいかもしれない。東京で何度か柳家喬太郎の落語を聞いたことがあるが、その人気ぶりはすごいのである。ちょうど一年前の8月にも柳家喬太郎がこの粟津演舞場で落語を二席やってくれた。そのときの印象が強烈でとても感動し今回もやってきた。今回も期待以上にすばらしい落語だった。粟津演舞場のサンキュー落語は二人の落語家が二席づつ落語をやってくれるし、チケットも会員なら2000円とお手頃価格だし、落語家との距離が近いので臨場感もあるし、落語好きにはとてもうれしい取り組みである。また行きたい。

粟津演舞場の中
粟津演舞場の中

落語を堪能し、粟津演舞場を後にしたのが午後6時半ころ。近くの粟津温泉総湯の無料入場券をいただいたいので、ひとっ風呂浴びることにした。

粟津温泉の総湯
粟津温泉総湯

いい風呂であった。真夏の休日をこのようにゆったりと地元で過ごすのもよいものだ。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/awazuonsen.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/awazuonsen.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/08/awazuonsen.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。