Gmailで送信元を変更する場合はSMTP設定が必要になっていたが、この機能は便利なので独自ドメインメールアドレスを送信元にしたい場合はGmail設定をしておこう

gmailで送信元を変更する場合はSMTP設定が必要事務所や仕事では独自ドメインメール、外出先はスマホでGmailからと使い分けている人も多いはずだ。遠田もそうしている。しかし、標準のままのGmailを使った場合、送信元がGmailのメールアドレスになってしまう。そこで、送信元を独自ドメインメールに変更していた。
この送信元の変更を今行おうとするとSMTP設定が必要になっていた。3年前はエイリアス設定でSMTP設定なしでもできたのだが、現在ではSMTP設定をしないと送信元を独自ドメインメールにできないようになっている。

スマホのGmailアプリから送信しても送信元がGmailではなくパソコンで設定した独自ドメインのメールアドレスにしたい。

設定がうまくいったときのメール転送のイメージ図
設定がうまくいったときのメール転送のイメージ図。

Gmailで「SMTP」設定を行う。

gmailで送信元を変更する場合はSMTP設定が必要


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/gmailsmtp.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/gmailsmtp.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/08/gmailsmtp.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。