MovableType6.12なら専用のiosアプリでiPhoneから記事投稿が簡単にできるとのこと...しかしリッチテキスト化にはなっていなかった

mt6のios専用アプリ当ブログはMovableType6proを利用している。現在の最新バージョンは6.12で本日、当ブログシステムもバージョンアップした。このMovableType6.12からiPhoneのアプリでも記事操作ができる。早速、iPhoneのAPPStoreから「Movable Type for iOS」をインストールして使ってみた。
ここでいきなりつまったのが「エンドポイント」。エンドポイントとはDATAapiを使ってログインするさいのURLであるが、説明がなく唐突にでてくるのでとまどってしまう。たんにログインURLだけを書いてもエラーになるし「mt.cgi」でも「mt-xmlrpc.cgi」でもだめ。調べてみるとMTログインURL+「mt-data-api.cgi」ということだった。

Movable Type for iOSのログイン画面で入力する3項目

ユーザー名 Movable Type の管理画面にサインインするユーザー名と同じユーザー名を入力します

パスワード Movable Type の管理画面にサインインするパスワードと同じパスワードを入力します

エンドポイント Data API スクリプトの URL を指定します。
Data API のスクリプト名を変更していない場合は、mt.cgi へのアクセスと同じ URL で、mt.cgi を mt-data-api.cgi にします。(例:http(s)://example.com/mt/mt-data-api.cgi です

http://www.movabletype.jp/documentation/mtios/help/sign-in.htmlより引用

とにかくこれでログインできた。

mt-for-ios.jpg

Movable Type for iOSの使用感

Movable Type for iOSを使ってみたところ、iPhone6用に最適化されたというだけあって文字の大きさや操作感は悪くない。ちょっと画面遷移でもたつく感じが気になるが我慢できないほどではない。

mt-for-iosriyou.jpg

ただし、一番期待していた「リッチテキスト編集」はできなかった。これまでiPhoneで編集するときはサファリでログインして使っていたが、そのさいの不満点はリッチテキスト編集ができなかったことである。残念ながら今回のアプリでもその点は解消されていなかった。

mt-for-iosとサファリの比較

左がサファリでログインした管理画面、右がmt-for-iosの画面

この状況ならば、あえてアプリを使う必要性はあまりない。むしろ投稿するさいに画面遷移が増える分ストレスになりそうである。結局、このアプリはしばらく使用をみあわせ、今後のバージョンアップの様子を見ることとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/movabletype612iphone.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/08/movabletype612iphone.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/08/movabletype612iphone.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。