小規模企業共済制度に廃業準備のための新たな貸付金制度が10月からスタートする「廃業準備金貸付」

小規模企業共済制度の廃業準備金小規模企業共済制度は中小企業経営者のための退職金として国が支援している共済制度である。中小企業者が廃業や経営を引退するときに共済金が支払われる。今回、この小規模企業共済制度に新たな貸付金制度が追加される。廃業のための準備金を低利で貸付けするというものである。1000万円を上限に0.9%の金利での貸付である。返済は廃業後に受け取る共済金から差し引かれるので、事実上は共済金の前払いである。このような資金需要に応えた制度整備だろう。
問合せや相談は、小規模企業共済制度の窓口機関である中小企業基盤整備機構まで。

小規模企業共済制度の廃業準備金案内

届いた案内状の内容は上記のとおり。

同封されていたパンフは以下のとおり。

小規模企業共済制度の廃業準備金案内パンフ

小規模企業共済制度の廃業準備金案内パンフ

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/09/syoukibokyousaihaigyoujyunbikin.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/09/syoukibokyousaihaigyoujyunbikin.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/09/syoukibokyousaihaigyoujyunbikin.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。