ドイツワインを楽しむ会を主催した中小企業診断士仲間に会いに東京の青山にあるレンタルスペース会場へ

ドイツワインの会中小企業診断士の勉強会仲間のひとりでめっぽうドイツワインに詳しい人物がいる。毎年ドイツにワイン探しのたびに出ており、すでにドイツのワイン醸造所は100箇所以上巡っているという。その人物のハンドルネームは「Hau(はう)」。このHau氏が直近にドイツから持ち帰ったワインを中心にドイツワインを楽しむ会を中小企業診断士勉強会のメンバー対象に行なうというので参加した。会場は東京都内の南青山交差点近くの飲食店。夜はBARとして営業しているが、昼はレンタルスペースとしてこのようなイベントに貸してくれるシステムになっていた。なるほど、このような会場だと自主的に自由な企画がしやすいな、と感心した。

用意されたドイツワインは全部で8本だった。参加者は7名なので、一人あたり1本強の量になる。

用意されたドイツワインは全部で8本

飲む前に氷水で冷やす。上の6本と下の2本で合計8本。
冷やしたワイン

最初はスパークリングワインで乾杯。

ワイン会の様子

当日のワインリスト

ドイツワインの会 10/3のワインリスト

1:2013 Elbling Sekt.b.A(Hellershof-Zilliken/Mosel)
2:2014 Elbling Classic(Hellershof-Zilliken/Mosel)
3:2014 Riesling Q.b.A trocken(Karl Veit/Mosel)
4:2012 Würzburger Stein Silvaner Q.b.A trocken(Bürgerspital Hl. Geist/Franken)
5:2014 Waldracher Meisenberg Riesling Spätlese trocken(Heinrich Mertes/Mosel)
6:2013 Riesling Q.b.A feinherb(Kettern/Mosel)
7:2007 Dorsheimer Goldloch Riesling Kabinett(Joh. Bapt. Schäfer/Nahe)
8:1999 Scharzhofberger Riesling Beerenauslese(Vereinigte Hospitien/Mosel)

この会を主催しワインの準備やお世話をしてくれたのHauちゃんのブログからリストを引用。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/germanwine.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/germanwine.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/10/germanwine.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。