あぜ弁は能登棚田米で炊いたご飯がおいしくおかずもシンプルだけに懐かしく味わい深いお弁当だった

輪島の「あぜべん」能登は世界農業遺産に指定されている。印象的なのは輪島白米の千枚田だろう。白米の千枚田は元首相の小泉純一郎氏が「絶景だ、感動した」と思わず叫んだという逸話があるくらい美しい。
しかし白米の千枚田は文化の象徴であり、下世話な言い方をすれば観光スポットであって、農業生産の役割を担うものではない。真の意味での棚田は、地域の文化に溶け込み美しい景観ととともに農業生産の基盤になっているものだ。棚田は平地に比べると不利な耕作条件なので担い手がどんどんいなくなっている。棚田は昼夜の気温差が大きいことや飲用に使うような美しい湧き水を田んぼに使うことができるなど、おいしいお米ができる要素が揃っている。奥能登は農地のほとんどが中山間地で、このような棚田が多数ある。

奥能登の棚田保全の活動の一環として「能登棚田米」という取り組みが始まっている。奥能登地区の中山間地で、有機質肥料を中心にした特別栽培米で一定の条件をクリアしたコシヒカリを「能登棚田米」というブランドで販売するようになった。良食味かつ手頃な購入価格ということで昨年は早々と全量が売り切れになっているという。今年も作付面積が増え200トンの出荷が予定されているが人気が予想されている。

輪島の「あぜべん」

その奥能登の棚田でできた「能登棚田米」で炊いたごはんがメインのお弁当が「あぜ弁」である。ごはんがしっかりおいしい。そしておかずは唐揚げなどの揚げ物がなくヘルシーだ。

あぜ弁の料理内容

輪島の白米千枚田の売店で販売されているとのことだ。20個以上まとまればオーダーもできるということだ。

輪島の棚田

あぜべんのフライヤー

輪島の棚田

輪島市門前町椎木集落の小山地区集会所の前から見える棚田風景。この美しい景観を守ろために消費者としてできることは「買い支える」ということだ。なにを買うかは消費者の投票行動である。能登棚田米を見かけたら一度は購入してみてほしい。

能登棚田米2キロ

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/nototanadamai.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/nototanadamai.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/10/nototanadamai.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。