米を作る農事組合法人が50ha以上の水田をうまく運営するには作業分散をどうするかがポイントになる

稲刈り直前の水稲農事組合法人を見学する機会を得た。管理する水田は50ha以上あるが実作業できる常時動ける主要なメンバーはほんの数名程度。田植えや稲刈りの時期は作業が集中してしまうため、いかに作業分散をするかがポイントになる。コシヒカリ以外に早場米品種も栽培するという米の品種による田植え時期シフトだけではこなしきれないそうだ。そこで、数年前から米の直播きに取り組んでいる。乾田V溝直播きという手法であれば、通常の苗で植える田植えの前の4月に作業を終わらせることができるからだ。直播きは通常の田植え(移植)に比べると収量は落ちるといわれているが、技術革新の結果それほど見劣りしなくくらいの収量が確保できるようになったという。

また、水田は生産調整が行われるため、コメ以外の作物も栽培する転作が必要になる。その対策としては。水稲+麦+大豆を2年3作とするブロックローテーションのしくみで圃場管理をしているという。また、水田でだいこんなどの露地野菜を創るという取り組みにも着手していた。

20年前までは、50ha以上の水田を管理する大規模な農家はほとんどなかった。しかし、今は農業者の高齢化などにより農業の担い手が激減しており、農業法人や農事組合法人などに水田耕作の委託が相次ぎ、農地が集約されつつある。これからの農業は水田100ha規模を管理するような農業法人や農事組合法人が米作りの主役になっていくだろう。それにつれて農業技術もどんどん変化していっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/suiden50ha.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/10/suiden50ha.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/10/suiden50ha.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。