6次産業化プランナーは農林漁業者の6次産業化(経営の高度化や多角化)を支援するのがミッションである

6次産業化プランナー六次産業化とは、農林漁業者が加工や販売など本業である農林漁業以外の分野にも関与して経営を高度化させることである。六次産業とは造語である。一次産業が農林漁業、二次産業が製造加工、三次産業がサービス小売、であることから、これらを掛け算し、一次×二次×三次=六次と表現している。もともと農林漁業者が主体となって考えだされた造語であり、あくまでも一次産業である農林漁業者が主役であるという概念を含んでいる。
ちなみに商工業者が主役の場合は農商工連携というのが正しい。やること自体はほぼ同じだが、農林漁業者が主役なら六次産業化、商工業者が主役なら農商工連携である。ややこしいが、法律的にもそのようになっているので仕方がない。

農林漁業者は農林水産省系の支援機関(農林普及センター、いしかわ農業総合支援機構)
商工業者は経済産業省系の支援機関(ISICO、中小企業団体中央会、商工会商工会議所等)
が窓口となる。

さて、遠田は6次産業化プランナーとして2012年に登録され現在に至っている。上記のとおり、六次産業化は農林漁業者が主役なので、その方たちの経営や販売などの支援をさせていただくことがある。石川県の場合は、いしかわ農業総合支援機構が窓口となっている。

以下の情報は「http://www.inz.jpn.org/rokujika/torikumishien/index.html#planner」からの引用

img_torikumishien.jpg

img_kakudankai-shienrei.jpg

石川県の六次産業化プランナー

6次産業化プランナーの派遣

農林漁業者等の6次産業化における様々な課題解決に向け、当該地域の実態に精通する県普及指導員とともにフォローアップを行います。 まずは、事務局であります(公財)いしかわ農業総合支援機構へご連絡下さい。相談内容に応じて、後日当機構が委嘱した下記の各プランナーとともに現地へ伺い詳細な取組内容を聞かせていただきます。

いしかわ農業総合支援機構
http://www.inz.or.jp/

なお、農業者が6次産業化プランナー(通称:6PL)の派遣を希望する場合、無料で対応している。くわしくは窓口である「いしかわ農業総合支援機構」にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/6planner.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/6planner.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/11/6planner.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。