北陸にある5つのワイナリーが一堂に会したワイナリーイベントで富山石川福井のワイン飲み比べを楽しむことができた

北陸ワインしいのき迎賓館で開催された北陸ワイナリーイベントに参加した。直接の目的は北陸にある5つのワイナリーのワインを試飲するためである。北陸でワイン醸造をしていることを知らない人も多いくらいまだ知名度は低い。だが、日本海側でのワイン醸造の歴史は古く、日本初のワイナリーは100年以上前に新潟県上越市の岩の原ワインだし、富山のホーライサンワイナリーも創業80年を超えている。まだ飲んだことがないワイナリーもあり、この機会にのってみた。
ワイナリーは、富山:ホーライサンワイナリー(やまふじぶどう園)、セイズファーム、石川:能登ワインハイディワイナリー、福井:白山ワイナリーの5つである。

しいのき迎賓館

北陸ワイナリーの会場は「しいのき迎賓館」の2階。しいのき迎賓館はもともと石川県庁だった場所で石川県の中心を象徴する場所でもある。

北陸ワインの入り口

入り口の横にある受付を済ますとワイングラスを1つ貸してくれる。

北陸ワインの会場

会場内に入るともうすでに多数の人で身動きがとれないほど。5つのワイナリーだけでなく、チーズやパンや牧場のヨーグルトなど、ワインにあうおつまみも同時に提供されていた。

北陸ワインのテーブル

ワインは1杯あたりチケットが1枚か2枚、おつまみはだいたいチケット2枚で交換できる。チケットは一枚300円で10枚綴のものが3000円で前売りされていたものを購入していた。このチケットが入場券になっている。なお入場後は300円単位でチケットの追加購入が可能だった。

▼入場券を兼ねた10枚綴の金券チケット
北陸ワインのチケット

▼北陸ワインの告知チラシ
北陸ワインのちらし

北陸ワイナリーの感想

北陸にある5つのワイナリーをすべて同時に試飲できるというのはとてもいい企画である。実際に5つのワイナリーのワインを1種類づつ飲むことができた。フレッシュな白ワインもよかったが、メルローを使ったフルボディの赤ワインもなかなかのできだった。チーズやパン、ラクレットなどのおつまみ類もあり、なかなか楽しめる。これからますます北陸のワインのクオリティが上昇していくことを期待させられた。

ちょっと残念だったのは、集まった人数に比べ会場が狭すぎたことである。ワイナリーの人の話を聞くこともほとんどできず、狭い会場であわただしく立ったままワインを試飲するという感じだった。ワインを手にもったまま人混みの中を移動するのもたいへんに気づかれするので、まだ飲んでみたいワインはあったがチケットの追加購入はあきらめ会場を後にした。
次回もあるならもっと広い会場でお願いしたいものだ。

以下イベント概要はhttp://www.hokkokushuhan.com/hokurikuwine.htmlより引用

11月22日開催 START 10:00 END 15:00
  ※10時から12時は、酒販店様、飲食店関係者様に限らせて頂きます。
  ※便宜上の区分であり、厳密な意味での分類ではありません。
会場:しいのき迎賓館 2階 

飲食チケット:3,000円 (10枚綴り・グラス付き) 

参加ワイナリー:ホーライサンワイナリー、T-MARKS、能登ワイン、ハイディワイナリー、白山やまぶどうワイン 

後援:北陸中日新聞、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、北陸朝日放送、エフエム石川 

〔イベントの目的及び内容〕
北陸(富山、石川、福井)のワイナリーが初めて一堂に会し、醸造家との対話を通じて北陸ワイナリーを知る第一回目のイベントです。 そして、日本におけるワイン法制定を目前にした今、地元にて国産地元ワインの定着化を図り、地産地消で地域活性化を目指しております。 

〔チケット〕
飲食用チケット 10枚綴り・グラス付・入場パスポート 3000円
提供されるワイン、料理のご購入は飲食チケットが必要となります。料理やワインの種類によって必要になる枚数が変わります。
※ワイン・フードメニューは数に限りがありますので、売り切れ次第終了となります
※当日は、1枚単位で追加購入可

 

チケットのご購入先:株式会社 加越 

 【電話注文の場合】
TEL 0761-22-5321 
 お振り込みが確認でき次第、郵送します。(送料無料) ※振込手数料はご負担願います。

 【直接購入の場合】
 ○ 株式会社 加越 酒造本部(石川県小松市今江町9丁目605) 
 ○ 株式会社 加越 北国酒販部(石川県小松市問屋町3丁目) 
 ○ ワイナリー、出店飲食店、協力酒販店でもお求めいただけます。 
 ※フードメニューは数に限りがありますので、売り切れ次第終了となります。
 ※20歳未満の方の飲酒は固くお断りいたします。
 ※雨天決行
ワイナリー紹介

富山県
やまふじぶどう園 

立山連峰を望む小高い丘にぶどう園が開かれたのは1927年。先々代の山藤重信が山を開拓し、何種類かの果物を植えたのがはじまりです。開園から90年近く経った現在、三代目の山藤重徳を筆頭に山藤ファミリーが一丸となり、ぶどうの栽培からワインの醸造、販売までを一貫して行っています。

〔出品ワイン〕
〇 立山ワイン 白 720ml 〇 ときしらず 赤 720ml 〇 富山2013 720ml 〇 YAMAFUJI2012 720ml


セイズファーム

ドメーヌとして、100%自社原料のみの葡萄で、ワインを生産しています。この土地が生み出す、この土地らしい。この土地でしか出来ないワイン造り。ごくシンプルな理念のもと、"北陸が生む美しいワイン造り"を目指しています。

〔出品ワイン〕
〇 オジコ シャルドネ2013 750ml 〇 シードル 750ml 〇 オジコ シャルドネ2014 750ml 〇 シャルドネ2014 750mll

石川県
能登ワイン 

能登の風土で育てた葡萄を搾ってワインを造る。皆様に生ワインをお届けして能登の豊かな食材を生かしたい。この夢を追ってきました。

〔出品ワイン〕
〇 マスカットベリーA(赤)720 ml 辛口 〇 ノトワインブラン(白)720 ml 甘口 〇 能登ワインヌーボー(赤)720ml 辛口 〇 能登ワインヌーボー(白)720ml 中口

ハイディワイナリー 

ハイディワイナリーは石川県の能登にあるワイナリーです。わたしたちは、ワインの製造工程もアートの一部と考えています。ブドウ畑と、醸造所と、人。それぞれが密接につながって、アート作品を紡ぐワイナリー空間です。

〔出品ワイン〕
〇 シャルドネ2013(樽熟3ヶ月) 750ml 〇 甲州2013(樽熟12ヶ月) 750ml 〇 カベルネソーヴィニヨン2013(樽熟12ヶ月)750ml 〇 メルロー2013(樽熟3ヶ月) 750ml

福井県
白山ワイナリー

白山ワイナリーは福井県の東部・奥越前と呼ばれる経ヶ岳山麓の豊かな自然の中で山ぶどうにこだわったワイン作りをしています。

〔出品ワイン〕
〇 白山ルージュ 赤 720ml 〇 白山ブラン 白 720ml 〇 小公子スパーク 750ml 〇 白山 Dstyle 白 720ml
出店飲食店紹介 近日中に紹介

富山県
池田ファーム 

石川県
平松牧場

古川商店

福井県
蔵屋

タイムスケジュール

第一部 10時~
〇ワイナリー、醸造家の紹介
ホーライサンワイナリー、T-MARKS、能登ワイン、ハイディワイナリー、白山山ぶどうワイン

〇各ワイナリー、ワインについて
講師:辻 健一 (日本ソムリエ協会 関西支部 石川地区長)
 

第二部 13時~
同上  

会場内でヨーグルトを提供していた平松牧場の平松さん

平松牧場の平松さん

地産地消を進めるには購入者が応援する気持ちが必要だ。出来る範囲で購入して地元の食産業を応援したいものである。

しいのき迎賓館の前には人力車がいた

北陸ワイナリーイベントを後にして、しいのき迎賓館の表玄関から外に出た。しいのき迎賓館の前には人力車がいた。外はいい天気である。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/hokurikuwine.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/hokurikuwine.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/11/hokurikuwine.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。