今日は金沢マラソン初開催、日本中から集まった12000人のランナーが金沢の町を駆け抜けた

金沢マラソン2015あいにくの雨模様の中でスタート。それでも走る12000人の人たちは明るい笑顔が目立った。今日は初めての「金沢マラソン」。日本中から12000人のランナーが集まり、金沢の町の中を走った。現市長の山野氏が選挙の時に公約にも掲げていた金沢マラソンは、「おもてなし」がテーマだったようだ。遠田はマラソンには縁が薄いが、一日中放映されていたテレビでランナーや関係者の方々を応援していた。フェイスブックなどのSNSでも金沢マラソンに関する多数の写真やメッセージが流れ来て、かなり多数の方が関与していることもわかった。

金沢マラソン2015のコース図

金沢は「坂が多い」というのが特徴で高低差もかなりあったはずだ。完走出来た人もそうでなかった人も、またまた関係したみなさまにはお疲れ様といいたい。

金沢マラソン公式サイト
http://www.kanazawa-marathon.jp/

金沢マラソン10の特徴

金沢マラソン10の特徴

1.金沢の魅力を満喫できる7つのゾーンをめぐる回遊型コース
2.「食べまっしステーション」で石川・金沢らしい食文化を提供
3.五輪出場選手等が「ゲストペースランナー」として走りをサポート
4.フィニッシュ後に「もてなし鍋」を提供
5.コース沿道で切れ目のない応援パフォーマンスを展開
6.デザイン性の高い参加Tシャツと完走メダルを贈呈
7.石川の特産品が当たる「飛び賞」を設定
8.世界で活躍する著名人が「大会アンバサダー(広報大使)」に就任
9.国際陸連とAIMSから国際コースとして北陸で初めて認定
10.「おっかけ応援コース」で、5回の声援チャンス

都市型マラソンが各地で行われているが、これで金沢もマラソン都市の仲間入りなのかどうか。それは来年以降にわかるだろう。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/kanazawa-marathon.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/kanazawa-marathon.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/11/kanazawa-marathon.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。