金沢市中央卸売市場の取り扱い高はV字回復、とくに鮮魚の伸びがすごいことになっている

金沢市場の漁獲高はV字回復金沢市中央卸売市場の取扱高はWEBサイトで公開されている。気になることがあって調べてみた。ここ10年の青果や水産物の取扱高が激減しているのではないかという推測があったからだ。たしかに平成22年までは下り坂を転がり落ちるように下がり続けていた。しかし平成24年ころまで横ばいで推移しあと反転。最新値の平成26年データで見ると急増しておりV字回復していることがわかった。この傾向は青果も水産物もほぼ同じ。グラフは水産物のデータを元にして作成したものである。

金沢市中央卸売市場の水産部取扱高のグラフ

金沢市中央卸売市場の水産部取扱高のグラフ

平成26年度の水産物取扱高は、平成24年の年間456億円が底で平成26年には490億円にまで伸びている。

海洋資源の減少が心配だったが、ここ数年の中央卸売市場の回復ぶりをみるとそんな心配は不要なのか。

また、平成27年3月に北陸新幹線が開業。その後、金沢ブームで北陸の魚が売れている。先日解禁したばかりのカニや高級魚として注目されているのどぐろなどは軒並み値上がりしている。このグラフは漁獲量ではなく金額なので、値上がりするとグラフも右肩上がりになる。

今後どのように推移していくのかに注目したい。

年度 水産物取扱高(単位:億円)
平成17年度 586
平成18年度 569
平成19年度 546
平成20年度 531
平成21年度 479
平成22年度 457
平成23年度 461
平成24年度 456
平成25年度 469
平成26年度 490

※この表とグラフは金沢市のWEBサイトで公開されている「年別取扱総括表(S41年~現在)」というデータを元に構成しなおしたものです。
※データ出典 http://www.kanazawa-market.or.jp/Homepage/PDF/annual_report/

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/sakanavjikaifuku.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/11/sakanavjikaifuku.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/11/sakanavjikaifuku.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。