ホームページのhtml内にあるh1タグは1つにすべき...というルールは今ではさほど重視されていない、だが...

h1タグSEO対策の基本が内部対策。とくにhtmlソース内では「タイトルタグ」「メタディスクリプション(説明文)」「hタグ(見出しタグ)」が重視されてきた。しかし、時代の流れとともにその重要度も変化しているようだ。
GoogleWebmastersのライブ配信で「hタグの使い方」について質問があり、Google側の回答があった。質問者の意図するところは「hタグによる階層的な文章構造になるようにコンテンツを作成しているが、そのようなhタグの使い方はSEO効果として有効なのか?」だろう。Google側の回答は、かなりそっけないもので「見出しタグはコンテンツの文脈を理解するのに少しだけ手助けになるが、特効薬となるようなものではない。」だった。

また、ページ内に複数の「h1タグ」を使うことは有効なのか、それともペナルティがあるのかどうか?
この質問には「複数のh1タグがあることは、ほとんど影響ない」と回答している。

これまでのように「hタグ」はSEO的に重要ではなくなってきている。この背景には、Googleの分析力向上があり、徐々にアルゴリズムも変化しているということだ。

hタグの配置に時間をかけるより、ホームページに訪れたユーザーがより見やすく理解しやすいコンテンツにすることに時間をかけたほうがSEO対策になるということである。

コンテンツ内をわかりやすく見せるためのhタグ活用は有効

では、hタグを無視していいのかというとそうではない。最近ではLP(ランディングページ)を最適化することが重要視されている。そのためにはやはりコンテンツの質を高めるつつそれなりの文章量も必要である。となると、1ページ内でユーザーにわかりやすく文章を配置するためには、やはり階層的な構造が有効である。そのためにhタグを活用することはGoogleとしても大歓迎なのである。Googleは文章の構造を診ているからである。

▼当サイト内のある記事のhtmlソースを秀丸エディタで階層的に表示

h1タグ

▼参照にした記事
今どきの見出しとしてのhタグの正しい使い方
https://www.suzukikenichi.com/blog/currently-correct-usage-of-h-tags/

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/htmlh1.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/htmlh1.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/12/htmlh1.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。