LINEの利用者は多いがタイムラインを見ている人はかなり少ないのではないだろうか?

LINEのタイムラインLINEの利用者は多い。今、スマホでもっとも入れてられているアプリのひとつだろう。LINEは無料通話やトークなどが便利で、知り合いと簡単にコミュニケーションする方法としてもっとも便利かもしれない。
しかし、LINEが「SNS」であるなら、タイムラインがもっと活用されていてもいいはずである。特定の知人だけとのトークだけなら、これまで「電子メール」で行われてきたことの代替手段になっただけだ。SNSであるなら、波長のあう誰かと自然につながる場があるはずだが、LINEのタイムラインにはそれがあまり感じられない。その違和感を複数の知人に聞いているが、私と同様に「タイムラインはほとんど見ない」という回答が多かった。LINEの利用者層は10代、20代が中心なので、大学生などにもヒアリングしてみたが、やはりタイムラインはあまり見ていないように感じる。

linetimline.jpg

この日のLINEのタイムライン。私のタイムラインは広告的なものばかりなのでほとんど見ていない。

ちょっと古い記事だが、うまくまとめてあるブログより図を引用

shotaro2_20120925.jpg

mixiが死ぬどころか、LINEのタイムラインが全然使われていない件「毎日閲覧する」はわずか10%
http://toaru-sipro.com/?p=2418

以下の記事を見ると、LINEのタイムライン活用が進んでいるような印象を受けるがはたして本当なのだろうか?

50代のLINE利用率が半年で大幅アップ/4人に1人がタイムラインへの企業投稿をきっかけに来店
http://markezine.jp/article/detail/23208

SNSも多様化が進んでいる。複数のSNSやコミュニケーションツールを使い分ける時代になっていくのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/line.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/line.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/12/line.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。