日本人の大晦日は「年越しそば」が定番だが、そもそも年越しそばは「苦労を断ち切る」という縁起物なので十割蕎麦が適しているはずだ

年越しそばは十割そばで日本人の半数以上は12月31日の大晦日に年越しそばを食べるそうである。年越しそばは江戸時代からの風習らしいが、なぜ大晦日に蕎麦を食べるようになったのか?
諸説あるが「蕎麦は切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨てて翌年に持ち越さないように願った」という説が有力といわれている。だとすると、「切れやすい」という特徴が蕎麦の持ち味だったということだ。となると、やはり年越しそばは「十割そば」だろう。小麦粉(つなぎ)を使わない十割そばは、つながりにくく切れやすいという特徴があるからだ。

というわけで、今日は石川県内で食べられる十割そばの蕎麦屋に行った。

IMG_4432-ANIMATION.gif

おろしそば(太打ち)の大盛り

敬蔵の蕎麦は十割そば

十割そばの敬蔵
https://sindan.org/reportkeizo/

敬蔵の蕎麦は十割そばのみ。細打ちと太打ちが選べるが、太打ちのほうが蕎麦のガツンとした旨味と香りが感じられるのでほとんどこればかり注文している。なお、出汁がなく塩になっているのは遠田が「出汁不要」というリクエストに応えて店主が気を利かせてくれてかわりに2種の塩をだしてくれるからである。冬でも冷たい蕎麦を選んでほしいいい蕎麦である。

なお、敬蔵の十割そば太打ちは、十割そばだが「切れやすい」ということはない。ちゃんとつながっている。むしろ、太くて固めなので、よく噛んで蕎麦を歯で断ち切ってもらいたい。そのほうが蕎麦の風味を感じてもらえるはずである。

ちなみに、「北陸の蕎麦食べ歩き」という蕎麦のブログサイトは昨年もっともアクセスが多かったのは12月31日だった。おそらく今年もそうなるだろう。19時現在ですでに本日だけで約1500のアクセスがある。現在のリアルタイム検索を見ると、15人の方がブログを見ているようだ。
rtkensakusoba.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/toshikosisobaoomisoka.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2015/12/toshikosisobaoomisoka.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2015/12/toshikosisobaoomisoka.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。