大多数のインターネットエクスプローラー賞味期限は本日まで?ウインドウズの使用OSバージョンによってIEのサポートは2016年1月13日で終了

インターネットエクスプローラー賞味期限本日(2016年1月13日)早朝にWindows Updateが多数あった。これにはいくつかの理由がある。毎月10日すぎの定期的なアップデートがあることと、もうひとつはIE(インターネットエクスプローラー)のサポートが切れてしまうことだ。
ややこしいことに、ウインドウズのOSバージョンにより使えるIEのバージョンも違う。たとえばウインドウズ7であれば、IE8、IE9、IE10は本日(2016年1月13日)でサポートが切れる。ウインドウズ7の最新版IEはIE11となり、バージョンアップしなければならない。また、ウインドウズ8自体のサポートも本日終了で、ウインドウズ8.1にバージョンアップしなければならない。ウインドウズ8.1で利用できるのはIE11のみ。ウインドウズ10ではIEではなく「エッジ」が標準のブラウザになっている。いよいよIEも賞味期限がきたのかと考えさせられてしまうのが今日なのである。

マイクロソフトは2016年1月12日 (米国時間) にポリシー変更を行なっている。この日時を過ぎると最新OSバージョンの Internet Explorer だけしか技術サポートとセキュリティアップデートを受けられなくなる。

便利で快適で安全にインターネット上の情報を閲覧できるブラウザは、今ではIEよりもGoogle Chrome(グーグルクローム)なのかもしれない。とにかく、IEを使い続けるならば本日バージョンアップをしておこう。

マイクロソフトのWEBサイトでは「IEサポート」について以下のように表示されている。
以下https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/より引用

今日のデジタル社会において、数十億人の人々が仕事や生活の両方でインターネットに接続し、様々なアプリケーションやサービスを利用しています。オンラインのリスクを回避し、高速かつ最適な Web 体験を得るために、モダンなブラウザーを選択することは、ますます重要になってきています。
マイクロソフトは、より安全で高速なブラウザーをご提供し、ユーザーが常に最新バージョンの Internet Explorer を使えるよう継続的な投資を行なってきました。最新の Internet Explorer 11 では、セキュリティの向上やブラウジングの高速化、Web 標準サポートによる Web アプリの互換性向上など、開発者だけでなくユーザーにとっても多くのメリットがあります。

米国時間の 2014 年 8 月 7 日、マイクロソフトは Internet Explorer のサポートポリシーについて、重要なお知らせ 別ウィンドウが立ち上がりますを致しました。これにより、2016 年 1 月 12 日 (米国時間) を過ぎると、使用しているオペレーティング システムでサポートされる、最新バージョンの Internet Explorer だけが、技術サポートとセキュリティ アップデートを受けられることになります。 

▼IEのサポートバージョン一覧
IEのサポートバージョン一覧

▼参考にした記事
一目で分かる、各Windows OSでのInternet Explorerのサポート終了時期
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1503/11/news134.html#win81

Internet Explorerのサポート期間はいつまで?
http://www.tama200x.com/blog/?p=1776

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/01/ie2016113.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/01/ie2016113.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/01/ie2016113.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。