六次産業化プランナーは農業者の実情やリクエストに応じ経営課題解決の支援のため派遣されることがある、本日は野々市市の林農産に訪問した

林農産石川県の六次産業化は「いしかわ農業総合支援機構」が窓口となって強力に推進している。石川県の六次産業化プランナーは現在7名おり、遠田幹雄はその1人である。六次産業化プランナーは農業者の経営課題解決のための相談役であり、実情に応じて農業者のもとに派遣されることがある。
本日は、いしかわ農業総合支援機構の担当の方とともに、野々市市の株式会社林農産の実店舗兼事務所に訪問した。林農産は水稲を軸に土地利用型農業を展開している農業法人である。そのビジネスモデルの特徴は「加工と直販」だ。自分たちが栽培したもち米を餅に加工し販売しており、米もほとんどが一般消費者へのダイレクト販売である。また、「23世紀型お笑い系百姓」を自ら名乗っており、そのユニークさから楽しい農業者として話題になることも多い。

林農産の林浩陽社長と遠田幹雄

林農産の林社長は、金沢美大出身でアートやマーケティングの造詣が深い。林社長自身が農業関係者対象に講演を何度もこなすほどの実力者である。遠田があえてアドバイスする必要はないくらいだ。

しかし、数年前に子息が後継者として就農してからは、「組織としての学習」を強く意識しているようである。今回の派遣はそのような意図もあるのではないだろうか。WEBマーケティングを中心に意見交換した。

※今回は林社長から掲載許可を得らえたので写真と記事を公開した。

名称:株式会社 林農産
代表取締役:林 浩陽
〒921-8833 石川県野々市市藤平160番地
電話:076-246-1241、FAX:076-246-3113
設立:昭和63年4月1日
資本金:1000万円
業務内容:米、大豆の生産、農作業請負、餅加工販売、味噌加工販売

企業サイト http://www.hayashisanchi.co.jp/
ネットショップ http://www.hayashisanchi.jp/(お米やかきもちの通販)

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/02/hayashinousan.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/02/hayashinousan.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/02/hayashinousan.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。