マイナス金利を導入した日本銀行の支店長を講師としてお招きし、日本の金融経済情勢を学ぶ新春講演会に参加した(石川県中小企業診断士会)

金融政策今年、日本銀行はマイナス金利を導入した。黒田総裁が就任してからの日銀の繰り出す政策はなかなか刺激的で目が離せない。欧州ではマイナス金利をすでに導入しているが、日本では初めて。「劇薬」といわれていたマイナス金利政策を実施したことは大きな変化である。そもそも欧州のマイナス金利政策の目的は為替対策であり自国通貨防衛である。おおっぴらには公言できないにしても、日本でもそのことは明確で、マイナス金利導入発表直後から為替は円安ドル高に動いている。まさに思惑通りなのだろう。ではこれからどうなっていくのか、など。なかなか興味深い内容の講演だった。

この講演は、石川県中小企業診断士主催で会員のための研修会だった。クローズドにするのはもったいないくらい濃い内容で、金利政策や為替対策などを多種多様なグラフで解説していただいた。講師を務めてくださったのは日本銀行金沢市店長の小澤浩太郎氏である。

日本銀行金沢市店長 小澤浩太郎さま
講師は日本銀行の金沢支店長 小澤浩太郎氏

講演会場

講演会のあとはとなりの会場に移動して懇親会。懇親会ではリレーマイクの1分スピーチがあり、目線があったひとにあたってしまうというまさかの展開でマイクを持つことになってしまった。

懇親会の様子

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/02/nichigin.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/02/nichigin.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/02/nichigin.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。