金沢市の桜開花予想は3月31日と発表された、桜のつぼみはまだ固い

金沢市の桜開花予想は3月29日日本気象協会「tenki.jp」によると金沢市の桜開花予想は3月31日。暖冬だったのでもう少し早く咲くのかと思っていたが、ほぼ昨年と同じような開花予想となった。ただ、桜の開花予想は民間の気象情報サービス提供会社も発表しており、若干開花予想の日程にずれがあった。 株式会社ウェザーマップのさくら開花予想2016というWEBサイトで見ると金沢の開花予想は3月29日になっている。また、日本気象株式会社の予想でも3月29日となっている。民間2社の開花予想は日本気象協会の開花予想より二日早い。桜が満開になるのは開花からおよそ1週間後。例年、桜の開花時期は金沢の兼六園が無料開放される。金沢での桜の見頃は開花の翌週週末の4月2日(土)、3日(日)となりそうである。

常盤町の丘の上にある桜の木を見るとまだつぼみは固い。
金沢市の桜開花予想は3月29日


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/03/kaikayosou.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/03/kaikayosou.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/03/kaikayosou.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。