ワードプレスのログイン情報を忘れた場合は「パスワードをお忘れですか?」をクリックして再発行画面のリンクをメールで取得する

ワードプレスのログイン忘れワードプレスのログインで、IDとPWの組み合わせがわからなくなることが時々起きる。よくあるのはPCが壊れた時や、別のPCでログインしようとしたときなどであろう。パスワードを再発行してもいいのなら、ログイン画面で「パスワードをお忘れですか?」をクリックすると、パスワードを再発行できる。
そのさいに必要なのはID(ユーザー名)かメールアドレスのどちらかでよい。ただし、IDかメールアドレスのどちらかは必ず正確に入力シなければならない。なりすましログインを防ぐためにこのあたりはガードが固いからだ。

wordpressのログイン画面は、wordpressで表示されているホームページのアドレスバーに「/wp-admin」を追加してクリックする。
例えば、「http://*******.com/blog/」なら
「http://*******.com/blog/wp-admin」
でログイン画面が表示されるはずである。

パスワードを再発行する

パスワードをお忘れですか?をクリックすると次の画面になるので、IDかメールアドレスかどちらかを正確に記入する。ここでは、例として「正しくないメールアドレス」を記入してみた。

パスワードを再発行するためにメールアドレスを記入

誤った情報のまま「新しいパスワードを取得」をクリックするとエラー表示される。

誤ったメールアドレスだとエラー表示になる

すでに登録してあるIDか、そのIDのメールアドレスでないとパスワードの再発行はできない。

正しいIDかメールアドレスなら次の画面になる。

パスワードが再発行され登録してあったメールアドレスに送信される

これでパスワードが再発行され登録してあったメールアドレスに送信される。

送信されたメールは

だれかが次のアカウントのパスワードリセットをリクエストしました:

http://******.com/

ユーザー名: ******

もしこれが間違いだった場合は、このメールを無視すれば何も起こりません。

パスワードをリセットするには、以下へアクセスしてください。

<http://******.com/wp-login.php?action=rp&key=oKwwP1******h86S&login=*****>

となっている。メール内のリンクをクリックすれば、パスワードを再発行する画面に移動できる。

パスワードの再発行画面

新規パスワードの欄には半角英数と記号混じりの強力なパスワードの案が入っている。このままパスワードを設定してもいいし、自分の好きなパスワードにしてもよい。自分でパスワードを決める場合は、半角英数で英字と数字の組み合わせで最低8文字以上は必要である。

ワードプレスは世界でもっとも使われているブログシステムなので、アタックも非常に多い。IDとPWさえ一致すればログインするのだから、誰か第三者にログインされてしまう可能性を常にはらんでいる。特に海外からシステムを使ってアタックがかかることがあり、安易なパスワードだと乗っ取られてしまうかもしれない。PW管理にはよりいっそう注意したいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/03/wordpresspw.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/03/wordpresspw.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/03/wordpresspw.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。