アナリティクスサミット2016を受講、アクセス解析は入り口にすぎずマーケティングオートメーションを実装する時代になったことを実感した #a2isummit

アナリティクスサミット2016ここ数年、アナリティクスサミットを楽しみにしている。3年前に「アクセス解析サミット」という名称を「アナリティクスサミット」に名称を変更してから毎年参加している。名称変更からもわかるように、すでに「アクセス解析」のことは主要なテーマでなくなっている。アクセス解析→ウエブ解析→ビジネス解析→事業戦略というような発展の方向である。とくに、アナリティクス(分析)はマーケティングと相性がよい。課題解決のためには仮説検証のPDCAを回すことが重要であり、その入口がアナリティクスである。そして、いくつものシナリオを仕込んでマーケティングオートメーションを展開していくという事例発表も多数あり、これからの事業戦略にはICT活用が欠かせないことを実感した。

ベルサール汐留

会場はベルサール汐留、ここ3年は同じ会場である。

▼当日のレポート(主催者発表)
http://a2i.jp/activity/summit/19539/

当日のタイムテーブルは以下のとおり。以下「https://web-tan.forum.impressrd.jp/events/201604a2i」より引用

a2ismmit2016timetable.jpg


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/04/2016-a2isummit.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/04/2016-a2isummit.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/04/2016-a2isummit.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。