常時SSL時代に対応するためアナリティクスのトラッキングコード改造を行った

クロスドメイントラッキングヤフーの常時SSL化の発表を知ってから、常時SSL化への対応を急ぐ必要を感じている。本日は、Googleアナリティクスのトラッキング方法を変更した。これまで「tohdamikio.com」「domo-domo.com」「dm2.co.jp」の3つのサイトをクロスドメイントラッキングで計測していた。計測していたドメインは「tohdamikio.com」だった。
しかし、当方のこの3つのドメインのうち常時SSLになっているのは「dm2.co.jp」だけで「tohdamikio.com」は常時SSL対応にになっていない。「dm2.co.jp」に関しては、管理しているCMS(ムーバブルタイプ6)でも管理画面は「https://dm2.co.jp/mt6/」になっておりSSL化が済んでいる。そこで、アナリティクスの計測ドメインを「dm2.co.jp」に変更することとした。

今後、3つのサイトのアクセス解析は「dm2.co.jp」で行なう

アナリティクスでも常時SSLを意識した対応を

3つのサイトのトラッキングコードをすべて変更し、今後の計測は常時SSL化ができている「dm2.co.jp」のドメインで行なう。設定後のリアルタイム検索で確認すると、複数のサイトの計測ができていることがわかる。(上記の画像)

設置しなおしたトラッキングコードは以下のとおり。

これまでのトラッキングコード(tohdamikio.comで集計)

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-XXXXXXX-2', 'tohdamikio.com',{'allowLinker':true});
ga('require', 'linker');
ga('linker:autoLink', ['tohdamikio.com','dm2.co.jp']);
ga('send', 'pageview');

</script>

これからのトラッキングコード(常時SSLのdm2.co.jpで集計)

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-XXXXXXX-30', 'auto');
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');

</script>


▼修正方法(クロスドメイントラッキング)
https://support.google.com/analytics/answer/1034342
より

ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
ga('require', 'linker');
ga('linker:autoLink', ['example-2.com'] );


▼tohdamikio.comの場合

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-XXXXXXX-30', 'auto', {'allowLinker': true});
ga('require', 'linker');
ga('linker:autoLink', ['tohdamikio.com'] );
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');

</script>

▼domo-domo.comの場合

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-XXXXXXX-30', 'auto', {'allowLinker': true});
ga('require', 'linker');
ga('linker:autoLink', ['domo-domo.com'] );
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');

</script>

※注意事項
上記のトラッキングコードの「UA-XXXXXXX-2
」という部分はサイトごとに違うので、このままコピペして使用しないでください。必ず、測定したいサイトのトラッキングコードのUA-XXXXXXX-Xに変更すること。

今後の常時SSL化への対応

今回の手続きは付け焼き刃にすぎない。すべての有効なWEBサイトを常時SSL化すべきだと考えるからである。

今後は以下の2つのどちらかにするつもりである。

1.常時SSLになっているdm2.co.jpに情報を集約する
2.他のドメインも常時SSL化する

どちらにするかは夏頃をめどに意思決定したい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/04/trackingcode.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/04/trackingcode.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/04/trackingcode.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。