「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」は本日6月3日発売、さっそく書店で購入して掲載されている蕎麦屋をチェックした

michelingaidehokuriku2016syotenfront.jpg話題の「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」は本日6月3日発売。amazonではすでに売り切れになっていたので、近所の書店に問い合わせたところ十分に店頭在庫があるということだった。さっそく、午前のうちにその書店に行き購入した。(イオンかほく内にある書店である)
富山県石川県には1万店以上の飲食店があるが、そのうち掲載されているのはたったの290店だ。個人的に興味があるのは蕎麦屋である。290店のうち蕎麦屋は何件掲載されているのかをチェックした。すると蕎麦屋は24店あった。290店のなかの24店は8.3%である、これってけっこう多いのではないだろうか。

▼6月3日朝のamazonの画面
michelingaidehokuriku2016.jpg

▼同じく6月3日のかほく市書店内のディスプレイ
michelingaidehokuriku2016syoten.jpg

「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」に掲載されている蕎麦屋は24店。富山県が9店で石川県が15店だった。掲載店は以下のとおり。

ミシュラン・ガイド富山石川(金沢)2016に掲載された蕎麦屋さん

富山県の蕎麦屋は9店

▼ピブグルマン
達磨 富山市

▼おすすめ(レストラン・宿泊施設の部)
丹生庵 富山市
福助 砺波市
萱笑 南砺市福光
茶ぼーず 南砺市井波
草の子 下新川郡朝日町
くちいわ 下新川郡朝日町
八笑 中新川郡上市町
おきな 中新川郡立山町

石川県の蕎麦屋は15店

▼ピブグルマン
槐(えんじゅ) 七尾市能登島
更科藤井 金沢市
四季の庵 金沢市
草庵 白山市
竹やぶ 能美市

▼おすすめ(レストラン・宿泊施設の部)
喬屋 金沢市
そば切り多門 金沢市
亀屋 かほく市
敬蔵 野々市市
一休 中能登町
くき 七尾市
げん 七尾市
浄楽 羽咋市
手仕事屋 輪島市門前
山猫 白山市瀬名

詳細は市販されている「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」をご覧ください。

本日は羽咋市の浄楽で蕎麦ランチを食べた

ということで、今日はミシュランガイド掲載の蕎麦屋で蕎麦を食べようと考えていた。たまたま能登方面に出向く用事があったので、羽咋市の浄楽で遅めのそばランチをいただいた。

jyourakusobalunchi02.jpg

蕎麦の器が陶器ではなく竹筒になっていたが、これは今年の春先ころからのようだ。

jyourakusobalunchi01.jpg

浄楽は羽咋市の五重塔のすぐちかくにある蕎麦屋である。

IMG_8310-ANIMATION.gif

そば処 浄楽

▼北陸の蕎麦食べ歩きの記事
http://soba.sindan.org/reportjoraku/
そば処 浄楽さんは田舎蕎麦ランチの人気が絶大、石臼手挽きで粗挽き蕎麦が絶品です

北陸の蕎麦食べ歩きでは17店をカバーしていた

遠田が書いている「北陸の蕎麦食べ歩き」というブログには「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」掲載店24店のうち、すでに17店掲載されていた。さらにその未掲載7店のうち、名前を知らなかった蕎麦屋が1店(富山県)だけあった。未掲載の7店にはあらためて蕎麦を食べに行ってみたいと考えている。

北陸の蕎麦食べ歩き
http://soba.sindan.org/

富山県、石川県、福井県の蕎麦屋を紹介しているブログです。

ミシュランガイドに掲載されなかった、金沢の蕎麦屋ベスト3

なお、「ミシュランガイド富山石川(金沢)2016特別版」で掲載されていない蕎麦屋でも名店はたくさんある。今回、多数の蕎麦屋が掲載されたが、「あれれ、あの蕎麦屋が載ってないのはなぜ?」という現象もある。傾向として「能登方面の蕎麦屋の掲載は多いのに金沢市内の蕎麦屋は掲載が少ない」ということが挙げられる。

個人的な意見だが、以下の蕎麦屋はぜひとも掲載してほしかった蕎麦屋である。

手打ち蕎麦 宮川
http://soba.sindan.org/miyakawahosouchi/
石川県を代表する十割そばの名店で、いつ行っても満席の繁盛店。古民家改装の一軒家の蕎麦屋で風情もあるし接客もいいし蕎麦もうまい。三拍子そろったこの蕎麦屋が、なぜ掲載されていないのかは不思議。

石臼挽き純手打蕎麦 村田屋
http://soba.sindan.org/reportmurataya/
2014年に店舗をリニューアルしてますます入りやすくなった。平日でも昼はいつも満席になる人気の蕎麦屋。二八そばもいいがおすすめは十割そば。個人的には「おしぼり十割蕎麦」が絶品で大好きだ。なぜ掲載されなかったのだろう?

香り蕎麦 亀平
http://soba.sindan.org/reportkihei/
掲載店であるかほく市の亀屋店主の次男がやっている蕎麦屋。亀屋と同じ玄そばを使っているが、それ以上のパフォーマンスを出しているのではないだろうか。二八そばと十割田舎蕎麦の二種盛りがバランスよし。伝統を活かしながら革新もあり、小さな店だけど特徴がある蕎麦屋だ。

以上の3店はいずれも金沢市内の蕎麦屋であるが、いい蕎麦をだす店は石川県内にまだまだある。ちゃんと覆面調査員が取材にいいているだろうか。今回の富山石川版の調査員は10名弱だということらしい。期間と人数の制限からすると、来店しての実食調査ができずに、結局未掲載になってしまったという名店もあるのではないだろうか。

ということで、上記3店は「ミシュランガイドに掲載されなかった、金沢の蕎麦屋ベスト3」と勝手に名付けさせていただくことにする。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/06/michelingaidesoba.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/06/michelingaidesoba.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/06/michelingaidesoba.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。