輪島塗は100年持つほど堅牢だが電子レンジや食洗機にはめっぽう弱い、特に電子レンジに輪島塗の器を入れるのは厳禁だ!

輪島塗のお椀輪島塗の器は堅牢である。その堅牢さは江戸時代の輪島塗の器が今でも使われるほどの状態で残っていることからもわかる。まさに100年以上使える強度を持っている証明だろう。また、輪島塗は少しくらい傷がついても修復できるので長く使うのなら輪島塗は最適だろう。
しかし、その堅牢な輪島塗の器にも弱点がある。電子レンジや食洗機には弱い。とくに電子レンジは大敵で、輪島塗のお椀を電子レンジにかけてしまうと見るも無残に壊れてしまうようだ。
写真のお椀は電子レンジにかけてしまって漆がはがれてしまった状態のものだ。内部から漆が崩壊しているので修復もできないという。

輪島塗のお椀

一見するとなんでもなさそうだが、底の部分が大問題。
輪島塗のお椀の底の部分の漆がはがれている

輪島塗のお椀の底の部分の漆がはがれているのである。このように内部から崩壊してしまうともう修復は困難だということだ。なぜこうなってしまうかというと、元々の輪島塗自体が自然のものでできているということがそもそもの原因である。輪島塗の筐体は木材だし、補強に使っている地の粉は珪藻土、布着せしている部分には布が使われており、そして肝心の漆も自然素材である。これら自然素材には少なからず水分が含まれている。この水分が電子レンジにより瞬時に蒸発してしまうことでめくれてしまうのだろう。

電子レンジが過熱するしくみ

電子レンジの加熱方法は他の調理器具とはまったく違う。電子レンジは、外部からの熱によって加熱するのではなく、マイクロ波によって直接食品内部の水分子を振動させ加熱する。そのため水分がまったく含まれていないと過熱できない。また、マイクロ波を使うことで、電流が流れる金属部分があるものは危険である。

国民生活センターによると、以下の器は電子レンジで使うと危険だという

・金属装飾がある器
・プラスティック性の器
・木製の器
・アルミホイルをかけてあるもの

輪島塗の器は「木製の器」に該当するので使ってはいけない。
電子レンジは輪島塗の器を見るも無残にぶち壊してしまうということを覚えておこう。

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/06/wajimanuri.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/06/wajimanuri.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/06/wajimanuri.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。