ウインドウズ8.1や10では標準のメールソフトがアプリになっているので、自分が使いたいメールソフトを標準にするには「既定のプログラム」に設定するとよい

winmailhenkou.jpg遠田は長らく秀丸エディタと秀丸メールを使っている。これら秀シリーズは自分にとってウインドウズパソコンでは必須となっているプログラムである。しかし、ウインドウズ8.1や10では標準のメールソフトがアプリの「メール」となっており、mail@********.comのようなメールアドレスをクリックしたときに「メール」のアプリが立ち上がってしまう。通常使うメールソフトは秀丸メールなので問題ないのだが、ホームページなどでメールアドレスをクリックしたときに立ち上がるメールソフトがアプリの「メール」だととても不便。そこで、標準のメールソフトをアプリの「メール」から「秀丸メール」に変更することとした。
設定方法は簡単で、コントロールパネルから秀丸メールを「既定のプログラム」で選択するだけである。もし、同じような悩みを持っている方は試してみることをおすすめしたい。

▼コントロールパネルで既定のプログラムを設定する画面

winmailhidemarumailnihenkou.jpg

コントロールパネルの「プログラム」から「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」で設定画面になる。
この画面で「プログラム」ボックスから既定にしたいメールソフトをクリックし、「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックして、「OK」をクリックすればよい。

▼Windows 8 / 8.1でWebページのメールアドレスをクリックしたときに起動する既定のプログラムを設定する方法
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014854

秀丸メールはスレッド表示が便利

秀丸メールのよさはいくつもあるが、スレッド表示で過去のめーるやりとりがわかりやすく表示できるところはとても気に入っている。

doc2016-main-1.png

他にも、動きが軽快、エディタ機能が優秀、ウイルス感染しない(非常に感染しにくい)などの優れた特徴がある。

▼秀丸メールの紹介
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemarumail/doc1.html

興味ある方は試用してみてはどうだろうか。有料(2000円)のソフトだが、秀丸ユーザーなら秀丸メールは無料で使えるし、無料での試用期間が長いので便利である。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/08/winmailhenkou.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/08/winmailhenkou.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/08/winmailhenkou.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。