写真内に文字を入れ「写真+文字」で訴求することはスマホ時代の情報表現に適したやりかたではないだろうか

photomoji.jpgパソコンからスマホという地殻変動が起きたことで、WEBサイトの表現方法も大きく見直す必要がある。ホームページ制作は、これまでパソコンでの閲覧を前提にしていた傾向が強い。しかし、今ではパソコンよりもスマホでの閲覧者のほうが多いというのが現状である。スマホでの閲覧はパソコンでの閲覧と大きな違いがある。スマホでは文字をあまり読んでもらえず「バナー的な画像や写真を中心に見る」という傾向が強い。
さらに画像は、独り歩きすることがある。WEBサイト内の写真がインスタグラムに掲載されたり、Googleの画像検索にヒットしたりして、本体WEBサイトと離れて見られることもある。画像訴求を強めるためにも画像には強調したい文字を入れ「写真(画像)+文字」で訴求するというのが、これからの画像扱いの基本になりそうな気がする。

写真+文字で訴求力が格段に向上する

mojiirigazou.jpg

上記の例は女性の洋服(古着)の表示例である。同じ面積の画像であるが、文字入りのほうは格段に訴求力が向上しているのがわかるだろう。

画像出典:古着通販のファレット https://www.falet.jp/

先週の北陸三国志の勉強会で株式会社ドットコムの内田社長のプレゼンを拝聴し、「画像+文字」の重要性がひしひしと感じられた。

hokurikusangokushi20160909_03.jpg

勉強会当日の様子は/2016/09/dotocomkengaku.htmlにて


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/09/gazoumoji.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/09/gazoumoji.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/09/gazoumoji.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。