自社のニュースがテレビや新聞雑誌等にでるときはホームページへのアクセスが急増する、だからホームページの回線増強などの対応をしておこう

accesszoukataiou.jpg中小企業にとって、テレビ放映されることは大きなPR効果がある。他にも、新聞、雑誌、ラジオなどの媒体で紹介されることもある。そのさい興味を盛った消費者は「社名で検索する」という動向が強いため、一時的にホームページへのアクセスが急増する。
昨年のNHK朝ドラ「まれ」放映初日時に「そとら村」と検索するひとが急増し、そとら村を紹介した当ブログ記事のアクセスが急増したことがある。自社がテレビ放映されるとなると、このようなブログ記事の比ではなくホームページへのアクセスが激増するだろう。そのさいに、ホームページへのアクセスが集中するとWEBサーバがアクセス増加に耐え切れず503エラーが頻発する可能性がある。いわゆる回線のパンクである。企業にとってホームページが見られなくなってしまうのは機会損失である。テレビ放映などの予定がわかっているときには回避方法があるので事前に対策をしておこう。

503エラーとは?

503エラーとはWEBサーバへのアクセスが多すぎて表示エラーを起こしている状態である。瞬時にアクセスが増加したさいに起きやすい。一時的なエラーであり、回線の利用者(閲覧者)が減少すればまた見られるようになる。共用サーバを使っている場合には503エラーが起きやすいといわれている。
詳しい解説が「503エラーを防ぐ!Web屋が知っておくべき503エラーの原因と対処」にあるので興味ある方はそちらをご覧ください

さくらインターネットならリソースブーストを使うことで503エラーをある程度回避できる

さくらインターネットというレンタルサーバは安くてそこそこ速くて便利だが、共用サーバなので503エラーが起きやすい状況である。今回紹介したようなテレビ放映などがあることがあらかじめわかっている場合は「リソースブースト」というサービスに申し込んでおくとよい。

resourcesboost.jpg

リソースブーストを使うと、48時間は回線が太くなり503エラーが起きにくくなる。一時的ではあるが、ホームページの回線パンクが起きにくくなるのはありがたい。なんと無料のサービスである。

以下http://www.sakura.ne.jp/resourcesboost.htmlより引用

コントロールパネルからワンクリックでご利用いただけます

rb_img02.jpg
上限の緩和は開始ボタンを押してから2日後の24時までです。開始ボタン押下後、確認画面が表示されますので、有効日時をご確認のうえご利用ください。
この機能は1度使用すると、次に使用できるようになるのは14日後になります。ご利用方法について詳しくはサポートサイトの「リソース情報について」ページをご覧ください。

なお、503エラーが起きたかどうかは、さくらインターネットのコントロールパネルからリソース状況を確認すればよい。リソースグラフにはCPU使用時間、転送量、PV数、ユニークユーザ数、503発生回数、503が発生したユーザ数が表示されている。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/09/resources-boost.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/09/resources-boost.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/09/resources-boost.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。