iPhone6には0SIMを挿入したので、毎月500MB未満の通信量なら通信料金は無料になった

iphone6sim0simirekae.jpgiPhone7が届いてから普段持ち歩くメインの端末はiPhone6からiPhone7に変わった。iPhone6はまだまだ現役で使えるが、通信SIMを外してしまったのでこのままでは「SIMなし」と表示されている。事務所ではwifi接続できるので普通に使えるが外出先では通信できなくなってしまった。そこで、外出時にも使えるよう格安SIMを新たに入れることにした。それが「0SIM(ゼロシム)」である。契約時に約3000円ほどの費用はかかるが、月額通信料金は従量制なので使い方によってはずっと無料で使える。月の通信量が500MB未満なら月額通信料金は無料というのがいい。これでiPhone7もiPhone6も両方使える。

iphone6sim0simirekae.jpg

これまでiPhone6に入っていたSIMはOCNモバイルワンだったが、0SIMに入れ替え。

0simsonetapn.jpg

OCNモバイルONEのプロファイルを削除してから、0SIM用のプロファイルをインストールする。
▼iPhoneのサファリでアクセス
http://www.so-net.ne.jp/access/catalog/mobile/lte/download/So-netAPN.mobileconfig

iOS7以降の端末にてSo-netのモバイル通信サービス(So-netモバイルLTE/PLAY SIM/Prepaid LTE SIM/0SIM by So-net/MILEAGE SIM)を利用するためのAPNを設定するAPN構成プロファイルです(Ver.2)

osimriyoukaisi.jpg

0SIMが使えるようになったら、ユーザー専用の画面にログインして設定を変更したり、追加容量の購入をしたりすることができる。

0simsyousai.jpg

0SIMの利用料金のイメージ図

contents_img_01.png

http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/ より引用

ただし、この0SIMは通信速度が思いのほか遅かった。外出時、もしものとき用にということで使うならよいが、メインの端末として使うには少し苦しいだろう。それでも、やはり無料でSIMが入っているという安心感はすごくある。二枚目のSIMとして0SIMはなかなかいい選択ではないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/10/iphone6-0sim.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/10/iphone6-0sim.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/10/iphone6-0sim.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。