BLACK FRIDAY(ブラックフライディ)は日本に根づくのだろうか?

blackfridaysale.jpgBLACK FRIDAY(ブラックフライディ)とは、アメリカで感謝祭明けの金曜日から始まるセールのことで、クリスマス商戦の始まりを示す商業的な意味を持つ。BLACK FRIDAY(ブラックフライディ)のBLACKは「黒字」を示しており、アメリカでは小売店すべてが黒字になるくらい繁盛することから名づけられたようである。雇用面で問題のあるブラック企業のBLACKと、ブラックフライデーのBLACKは全く違う意図だ。
政府は、日本版BLACK FRIDAYを提唱している。イギリス、中国、韓国、台湾など世界ではブラックフライデー商戦を打ち立てているため、国内の消費喚起を刺激したいということだろう。

以下、ウキペディアからの引用

ブラックフライデー (買い物) - アメリカ合衆国で、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日のこと。 クリスマス・セールが始まり、小売店が大きく黒字になることからこう呼ばれる。 感謝祭#アメリカ合衆国の感謝祭参照。
ブラック・フライデー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラックフライデー

今年、日本ではイオンが実験的にブラックフライデーセールを行うなど、商戦として利用する動きがでている。

ブラックフライデーをグーグルトレンドで調べてみた

ブラックフライデーをグーグルトレンドで調べてみた。過去数年に比較すると、今年「ブラックフライデー」と検索された回数が劇的に多いことがわかる。

ハロウインとブラックフライデー

ここ数年人気が高まってきた「ハロウイン」と比較するとどうだろう。「ハロウィン」と「ブラックフライデー」をGoogleトレンドで比較してみた。すると、ブラックフライデーは急増してはいるものの、まだまだハロウィンには及んでいないことがわかる。一方で、ハロウィンの検索回数はこれまで増加の一途だったが、今年は落ち込んでいることがわかる。

もともと日本の文化になじんでいない風習だけに、長期的に続かない一時的なイベントのようなものだと考えたほうがいいかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/11/black-friday.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/11/black-friday.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/11/black-friday.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。