AmazonGoというコンビニ(食料品店/スーパーマーケット)はレジなしカゴなしでピックアップした商品は店外に出ると自動的に精算される

amazongowebsite200.jpgアメリカワシントン州シアトルのamazon本社ビル内に「AmazonGo」というコンビニ(食料品店/スーパーマーケット)がオープンした。まだ実験的なオープンだというが内容はとっても刺激的だ。なんとこの店にはレジがない。商品の購入は退店と同時にスマホに登録してあるクレジットカードで自動的に決済される。入場時にスマホをかざして本人認証をしたあと、買い物にはカゴを使わなくてもいい。自分のバッグや服のポケットに直接商品を入れるだけで購入したことになる。そのまま店を出れば、チェックアウトとなり、精算されるしくみである。レジ人員不要、万引き対策不要とこれまでの店舗運営の常識をくつがえすICT活用型の店舗で、まさにオムニチャネル時代の象徴ような商業施設である。

▼amazonGoの紹介動画

まだ、実験的な運営というが、来年早々には本格的な営業を開始するという情報もある。その後、アメリカ国内で同様の店舗を展開する予定だそうだ。

amazonといえばネット通販。しかし実店舗を持つことにより、より広く深く顧客と密着することができる。膨大な購買履歴データを活かした販売手法が実店舗も展開可能になることは大きな進化である。あらゆる接点で顧客と接触していくオムニチャネルがますます進んでいくということだろう。

いずれ日本でも実店舗をオープンするということを告知しているamazon。日本でもamazonGoというコンビニがオープンする日はそう遠くない日かもしれない。

オムニチャネルとは
http://ec-cube.ec-orange.jp/about/omnichannel/より引用

オムニチャネルとは、店舗やイベント、ネットやモバイルなどのチャネルを問わず、あらゆる場所で顧客と接点をもとうとする考え方やその戦略のことをいいます。

マルチチャネルはただチャネルを増やすだけの多角展開であることに対し、オムニチャネルは全てのチャネルを連携させて顧客にアプローチするという違いがあります。

複数のチャネルを横断した一貫性のある購買体験を提供することで、商品管理や顧客管理などをシームレスに行い、顧客へさらなる利便性、満足度を提供することができます。また、売上アップや顧客のファン化にもつながります。

以下は
https://www.amazon.com/b?ie=UTF8&node=16008589011
より引用したWEb画面の画像

amazongowebsite.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/12/amazongo.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/12/amazongo.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/12/amazongo.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。