Googleの検索画面で「クリスマス」を含むキーワードで検索すると検索結果画面がクリスマスモードになってサンタさんが現れる

xmasGoogle2016.jpg昨日はクリスマスイブ、今日はクリスマス。日本は天皇誕生日(12/23)から三連休が多いようで、昨夜のイブは連休中日でもあり、あちこちでたいへん盛り上がったようだ。
Googleは毎年、クリスマスイブとクリスマスの二日間は検索結果画面をクリスマス仕様に変更する。「クリスマス」という言葉を含むキーワードで検索すると、検索結果画面がクリスマス仕様に変わり、上部バナー内にはサンタさんが現れる。
興味あるひとは試しにGoogleで、いろいろと検索してみてはどうだろう。

▼Googleで「クリスマス」と検索したiPhoneの画面
smpgooglexmas.jpg

▼Googleで「クリスマス」と検索した結果の画面(パソコン)
xmasGoogle.jpg

▼Googleで「正月」と検索した結果の画面(クリスマスを含まないキーワードはこのような画面になる)
xmasGoogletaword.jpg

「クリスマス」というキーワードを含まない場合は、ごく普通のシンプルな検索結果画面である。

さて、商業施設はクリスマスの装飾は今日まで。明日以降は正月を迎えるための装飾に模様替えをしなければならない。全商業施設がいっせいにとりかかるため、店内外の装飾を請け負うデコレーターは一年で一番忙しい日になる。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/12/googlexmas.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2016/12/googlexmas.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2016/12/googlexmas.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。