「自分のビジネスを1分で伝えるチカラ」という講演とグループワークを能美市商工会青年部例会で行った

能美市商工会青年部例会能美市商工会青年部例会に講演会講師として招かれた。「自分のビジネスを1分で伝えるチカラ」という講演タイトルで、1分スピーチがうまくいくためのセミナーである。自分自身が秀逸な1分スピーチをできるわけではないが、青年部のみなさんのお役に立とうと思い資料などを準備し臨んだ。幸いにも、運営側や参加者のみなさんの意識が高く無事にセミナーを終了することができた。
まず全員が1分スピーチを準備してもらうこととなっており、セミナー冒頭でグループ内で1分スピーチを発表しあった。そしてグループワークによる意見交換で1分スピーチの内容を見直し修正し、最後に3人だけ壇上で1分スピーチをしてもらった。

1分を3つのブロックでわけると構成を組み立てやすい 

①基本形:ベーシックな方法は
  10秒+40秒+10秒

②応用系:ひねりを入れるなら
  15秒+10秒+35秒

この2つの構成の特徴やサンプルなどを紹介したりして理解を進めた。

•目的を明確にする
→誰になにを伝えたいのかをはっきりしておく
•もっとも伝えたいことを10秒でまとめておく
→結論から先に言うパターンに使えます
•文は短く、間は長く
→接続詞を使わず、「。」を心のなかで読む
•ストーリーは人を動かす
→エピソードを入れるのはとても有効
•最初に数を言う
→例:これから3つのことを説明します

上記は当日のレジュメからの抜粋である。

さて、1分スピーチ発表者は抽選で3名を選ぶ時間がきた。

nomishokoseinenbureikaityusen.jpg

抽選で選ばれ1分スピーチを発表する様子

能美市商工会青年部例会

最後の3人の発表はとてもすばらしかった。1分で感動できる記憶に残るスピーチを実践してくれた。

自分自身がとてもいい経験をさせていただき感謝である。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/02/speech1min.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/02/speech1min.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/02/speech1min.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。